2016年11月17日

産経ニュース記事「奥野誠亮元法相が死去、103歳 保守政治家の最長老」を読んで

今日、ネットの産経ニュースの記事を読んでいたところ
奥野誠亮元法相が亡くなられたことを知りました。

******************

法相、文相などを務め、閣僚経験のある政治家として最長老だった奥野誠亮(おくの・せいすけ)氏が16日夜、老衰のため、東京都渋谷区神宮前5の7の10の自宅で死去した。103歳だった。葬儀などは未定。

 奥野氏は大正2年、奈良県生まれ。昭和13年に東京帝国大学卒業後、内務省入省。高知県警本部長、自治省財政局長を経て、38年に事務次官。同年、衆院議員に初当選(13回連続当選)。文相、法相、国土庁長官、自民党安全保障調査会長などを歴任した。

 官僚時代は、先の大戦末期、本土決戦や省庁の終戦処理業務に当たった。占領期は地方税財政のエキスパートとして、連合国軍総司令部(GHQ)と渡り合った。

 衆院議員として、派閥全盛の時代に無派閥を貫いた。自民党総務局長を6期務めるなど「選挙のプロ」の顔があった。

 歴史問題や憲法改正問題で筋の通った主張をした保守派の論客として知られる。法相時代の55年8月、国会答弁で自主憲法制定の信念を披瀝し、野党が反発したこともあった。

 国土庁長官だった62年5月には、国会で、先の大戦について「日本に侵略の意図はなかった」「盧溝橋事件は偶発的」などと答弁したことが批判され、閣僚を辞任した。

****************

私はこの記事で初めて奥野さんのことを知り、
「凄い人だったんだな、もっと知りたい」と思っていたら
同じく産経ニュースが、2013年7月23日に掲載した
奥野さんのインタビュー記事を再掲していました。

素晴らしい内容でしたので、抜粋して掲載します。

****************
2016.11.17 11:25
【話の肖像画 再掲】

http://www.sankei.com/politics/news/161117/plt1611170010-n1.html
保守政治家の最長老・奥野誠亮(100)(1) 100歳にしてかくしゃく

12日に満100歳になりました。100歳まで生きるとは夢にも思いませんでしたが、幸い健康に恵まれています。だから、社会のお役に立つ存在でありたいというのが念願です。

 〈大正2年生まれ。閣僚経験のある政治家として最長老だ。衆院議員時代は、自民党で無派閥を貫き、党総務局長6期の「選挙のプロ」だった。歴史や憲法問題で筋を通したことで知られる。官僚時代は地方財政のエキスパートとして連合国軍総司令部(GHQ)と渡り合った〉

 私は昭和13年に内務省に入り、38年に(自治省の)事務次官になりました。その年の11月に初当選して平成15年10月まで40年間、衆院議員でした。(議員引退から)10年たちましたね。

 今は、午前10時には名誉会長をしているアジア福祉教育財団(東京・広尾)に出勤します。アジア各国の社会福祉施設、教育への援助や難民の定住支援をする財団の運営をしています。

 健康法は、女房(宏子さん)の特製サラダを毎朝食べることかな。ゴマ、干しブドウ、ワカメ、ジャコなどが入っていておいしいんですよ。牛乳も飲みます。

 それにゴルフとマージャンです。転ぶと危ないからゴルフのフルスイングは数年前にやめました。グリーン近くから打って乗せて、パターをして自分で「OK」(笑)。カートに乗りますが、18ホールを一回りすると気分爽快です。

マージャンは(旧制第一)高等学校時代からの趣味です。夜更かしはせず、夜9時ごろには終わります。4人で卓を囲むものですが1人が亡くなりますとね、別な人にきてもらう。そうやって当初の顔ぶれが私だけになった会が4、5組あります。同い年の友人はみな亡くなりました。でも、新しい人が相手をしてくれます。

 (文相をした縁で)文部科学省は次官経験者との組があります。(旧自治省の流れをくむ)総務省は次官経験者2人と現職の次官または局長を呼んで楽しんでいます。そういうときに私は真面目な話もします。憲法改正の話とか、道州制はやめた方がいいというような話ですね。(聞き手 榊原智)


保守政治家の最長老・奥野誠亮(100)(2) 国守れぬ憲法は無意味

保守合同が昭和30年にあって、憲法改正の実現が期待されましたが、自民党は衆参各院の「3分の2以上」の議席をなかなか得られなかった。そこで自民党は、憲法改正をあまり言わないようになりました。

 〈鈴木善幸内閣の法相だった昭和55年、国会答弁で自主憲法制定の信念を披露した。「国民の間から、自分たちで自由な議論をして、憲法を作ろうじゃないかという気持ちが出てくることが好ましい」と問題提起したのである。野党が閣僚辞任を要求したが応じなかった〉

 アメリカは、今は大切な同盟国ですが、占領初期の対日方針(20年9月)には「日本が再びアメリカの脅威とならないようにすること」とありました。この日本弱体化政策の一環が、「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」とする今の憲法の制定でした。

 憲法前文には「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼」して「われらの安全と生存を保持しようと決意した」なんて書いてある。いい日本にしようという憲法ではないんですよ。

 占領中は、日本の国会も政府も自主的活動はできませんでした。国会へ法律を出すのも、審議で修正するのも、その議決が賛成でも反対でも、事前に連合国軍総司令部(GHQ)の承認を受けなければならなかった。憲法も同じです。こういうことを若い人に知ってほしい。

 中国が、尖閣諸島を「おれのものだ」とねらっています。日本を守る軍事力が必要です。国を守れない憲法では意味がありません。

 参院選では、改正要件を緩和する96条改正が論じられました。私は閣僚だったころ、3分の2をとれるとは思えなかった。夢でしたよ。

 そこで、3分の2なんていわないで、まずは新しい憲法をつくって、そこに「外国の軍隊に占領されていたときにつくられた憲法は爾後(じご)効力を失う」という宣言規定をおけばいい−と考えていました。けれども、これは公にはいいませんでした。「憲法の遵守(じゅんしゅ)義務違反だ」と野党が騒ぎますからね。石原慎太郎さん(日本維新の会共同代表)の意見は私と同じですね。

 これからは、憲法を改めるために政党再編成がおきてほしいですね。これだけ中国から脅されて、領土まで危うくなってきましたから、国民もだんだん分かってきたと思います。

 集団的自衛権の行使を認めるよう憲法解釈も変えたらいいですが、内閣法制局長官には政治家を充てるといい。戦前はそうでした。(粛軍演説で知られる)斎藤隆夫さんや(戦後、衆院議長になる)船田中(ふなだなか)さんもしていましたよ。

 憲法は条文以外にも問題があります。たとえば、今の憲法ができたとき「戦争はなくなった」といって刑法からスパイ罪を削ってしまった。占領軍が手を回したんです。スパイを取り締まらないですむ甘い世界がどこにありますか。(聞き手 榊原智)


http://www.sankei.com/politics/news/161117/plt1611170012-n1.html
保守政治家の最長老・奥野誠亮(100)(3) 道州制は国力を損なう

昭和18年8月に内務省の地方局担当の内務事務官になりました。30歳でした。国全体の地方税財政と、その後、戦時業務も担当しました。

 〈内務省2階の部屋で、戦後東京都知事になった鈴木俊一、防衛事務次官になった加藤陽三、読売新聞社長になった小林与三次(よそじ)の各氏と机を並べ本土決戦や終戦の準備にかかわった〉

 昭和20年の8月10日に、迫水(さこみず)久常内閣書記官長から内務省に「鈴木貫太郎首相は戦争終結を固く決意している。閣議はまだまとまっていないが、内務省で戦争終結処理方針を固めてほしい」と極秘の要請がありました。

 そこで灘尾弘吉事務次官(戦後、衆院議長)の命令で、私がひそかに各省の官房長に集まってもらい対策を練りました。占領される前に軍の物資を国民に分配することや、戦争裁判に使われそうな公文書の焼却などを決めたんです。

 これに先立ち、20年4月には「地方総監府」の官制原案を書きました。陸軍が「最後には必ず勝利する。敵が本土に上陸してきても、生きていける行政組織をつくってほしい」と頼んできたのです。

 この時、灘尾さんが耳元でささやいた言葉を覚えています。「軍が国民を道連れにしようとしている。けしからん」と。けれども、戦争を終結させる力は内務省にはありません。

地方総監府制は日本を8つ(北海、東北、関東信越、東海北陸、近畿、中国、四国、九州)にわけて、地方総監には知事の指揮権、法律にかわる総監府令の公布権を持たせました。

 道州制の走りだと指摘されますが、あくまで本土決戦のためでした。

 参院選では、日本維新の会やみんなの党などが道州制を主張しました。しかし私は、今の日本が道州制を導入することには反対します。

 〈若くして国の中枢で働いた経験から、常に日本全体のことを考えるようになったという〉

 こんな狭い国で、道州制にしてどうするんでしょう。たとえば、大きな飛行場や港を、道州ごとに沢山作って無駄を重ねることになりかねません。中央政府が考えないとはじまらない。

 道州制では中央政府の力、役割が空っぽになって国力が落ちてしまう。道州の間で格差が広がって、弱いところはさびれるでしょう。今の日本にそんな余裕がありますか。医療や老人問題など国全体で考えるべき問題は多いんです。

 地方自治、地方財政の強化に心をくだいてきた私は、地方分権には大賛成です。地方総監府制の前に「地方行政協議会」という広域行政制度がありました。国の出先機関も参加し、中部なら愛知県知事といったように、協議会所在地の知事がまとめ役になる。道州制よりも、広域行政の協議体や、府県の合併が必要です。

 国のことを深く考えないで、流行のように道州制を叫んでいては日本が壊れてしまう。心配でなりません。(聞き手 榊原智)


保守政治家の最長老・奥野誠亮(100)(4) 若い人たちに期待する

若い人たちにお願いしたいことがあります。一つは、自分たちの国は、天皇を頂点に戴(いただ)く国柄だと知ってほしい。戦後復興の大本(おおもと)になったのは昭和天皇の全国ご巡幸です。占領軍は苦虫をかみつぶしたように眺めていましたが、国民は全国津々浦々で本当に喜び、それが復興の意欲になりました。国柄は歴史を重ねて形成されるもので、作ろうと思ってもできない大切なものなのです。

 もう一つは、戦後、自分の国を「悪い国だ、悪い国だ」という風潮が続いているのを改めてほしい。日本は閣議決定で、さきの戦争の呼び名を「大東亜戦争」と決めました。占領軍はこれを禁句にし、今も従っている人たちがいます。日本人は大東亜戦争を戦ったのです。そう呼ばなければあの戦争の意味合いは分かりません。自虐史観から抜け出してほしいのです。

 道州制と並んで、首相公選制の主張にも危うさを強く感じています。天皇のご存在と公選の首相はどうしてもぶつかるからです。(首相公選論者は)皇室の廃絶を考えているのでしょうか。国柄を知らないからいえるんでしょうね。政治家は歴史と伝統を勉強してなってほしい。どこの国の人やら分からないのでは困ります。

 〈ライフワークの一つに、古都奈良の平城宮の復元と明日香村の保存がある。昭和30年代後半から始まった開発の波から史跡を守るため、明日香の奥野、京都の田中伊三次(後、法相)、鎌倉の田川誠一(後、自治相)の3衆院議員が協力して、古都保存法の制定を推進した。さらに、画期的な仕組みを考案して、平城宮跡全域の土地の国有化を成功させた〉

 田中角栄内閣で文相になったとき、平城宮跡の土地の国有化があまりにも進んでいないのを知りました。文相として平城宮跡に行ったら、とても広い。「ああ、これは私の生涯の仕事になったな」と思いました。しかし、国の買い上げ予算は急には増額できません。少しずつ買っていたのでは何十年もかかってしまう。

 そこで、奈良県が借金をして一気に土地を買い上げ、その後、国が毎年、土地代と利息をつけて県から買い戻す方法を考案し、愛知揆一蔵相にかけあって認めてもらいました。

 平城宮跡には今、大極殿や朱雀門などが復元されています。復元を志したのは、1300年の昔から日本国が優れた文化を持っていたこと、当時から日本人は天皇を戴(いただ)いており、その国柄が今につながっていることの証しになるからです。日本の歴史の重みを示し、皇室の安泰につながる復元になったと考えています。

 日本人は知恵と努力、忍耐と勇気を糧とし、科学技術の発展にも力を注ぎ、世界の人々に役立ってほしい。誇りを失わなければ、それができる国民だと思っています。(聞き手 榊原智)
                   ◇

【プロフィル】奥野誠亮

 おくの・せいすけ 大正2年、奈良県御所市生まれ。100歳。昭和12年、高等文官試験合格。13年、東京帝大法学部を卒業し、内務省入省。高知県警本部長、自治省財政局長を経て38年、事務次官。同年、衆院議員に初当選(13回連続当選)。文相、法相、国土庁長官、自民党安全保障調査会長などを歴任。平成15年、衆院議員引退。現在、アジア福祉教育財団名誉会長。勲一等旭日大綬章。

****************

奥野さんが遺してくださった素晴らしい言葉を読みながら、
私は「もし、自分が100歳まで健康で生きられたとしたら
どんな言葉を若い人達に遺したいと思うだろう」と考えました。

まずは自分の体験を伝えたいですね。
3.11の震災を機に、ようやく民主党政権の異常さに気づいて
「日本がよくなるために、自分には何ができるだろう」と悶々と考えたこと。

そして「日本人の護国の心が温まるように」と
オリジナルデザインの手ぬぐいを作ったり、
日本のことをもっとよく知るために、
きちんとした愛国心のある先生達に講演をしてもらったり、
そしてこのブログで、自分なりに考えたことを記事にしたり……
そんなことを頑張ってきたよ、ということは伝えたいなと思いました。

そして、そういうことを一生懸命頑張れたのは、ひとえに
日本という国の素晴らしさに感激する機会がいっぱいあったからです。
先人達が護って、受け渡してくれたこの日本を
私も自分なりに護って次の世代に受け継ごう、と心に決めたからです。

だから、皆さんはどうか、これから
日本の歴史や日本人の素晴らしさを
できるだけたくさん勉強してください。
そして、いっぱい日本のことを好きになって、
もっともっと素晴らしい国にしていってください。
そして、みなさん自身が、素敵な日本人として生きてください。

そういうことを言い残したいなあ、なんてことを考えていました。
皆さんなら、どんな言葉を残したいですか?




2016年11月11日

トランプさんが勝って大手マスコミが発狂しているのを見て「これでよかったんだな」と思った私

ご無沙汰してまぁす。

あっちのブログに書いた記事を
こっちにも貼り付けておきます。
(久々に政治ネタを取り上げたので)
こっちのブログは最近全然更新していませんでしたが、
それでも毎日来てくださる方もいらっしゃるようなので
(いたみいりますm( )m)、
お久しぶりのごあいさつ代わりに載せておきますねw

************************
アメリカ大統領選は接戦だったけど、トランプさんが勝ったねー。

NHKのニュース↓によれば、

「アメリカの有力紙のうち、民主党のクリントン候補を支持しているのは57社に上るのに対し、
共和党のトランプ候補を支持しているのはわずか2社という異例の状況になっています。」

だったそうですよ。
すごくない、この偏り方?
57 VS 2、ってどういう八百長試合?
イルミナティの力が働いたのかな?それともフリーメイソン?
または、ユダヤ陰謀論かな?っていうか、そういうのって
どれも根っこは全部一緒っぽい気がしているのは私だけかなwww

とりあえず、とある絶大なお金持ちの勢力が
アメリカ国内のメディアを全力を使って駆使して
ヒラリーさんを勝たせたかった必死さ的なものは、伝わってくるよねー。

ただ、そのメディアの声をアメリカ人は右から左へ聞き流してしまった、と。

トランプさんが今回の選挙で勝利した要因はさまざまに考えられるだろう。

たとえばアメリカ人が、オバマ大統領や民主党政治のやり方に辟易していたことや、
メール問題を決定打としてヒラリーさんがアメリカ人にすごく嫌われてしまったこと、
そして、今までになかった過激さでナショナリズムを謳うトランプさんに対して、
移民による国体破壊を危惧するアメリカ人が一縷の希望を見出したであろうこと、などなど。

かくして、そういったアメリカ人の「実感」がマスコミの創り出した「幻想」に打ち克ったというか、
アメリカ人がマスコミによるお仕着せの夢から醒めようとしているのかな、という印象を受けた。
トゥルーマンショーでトゥルーマンが自分の暮らしていたセットのつくりに
気づいちゃって茫然とする、みたいな、ああいう感じ。

そしてアメリカでは、トランプさんの勝利を受け容れられない一部の人達が
デモなどを起こしているらしいけど、今更そんなのってさぁ〜。
その国の民主主義のルールに則って行われた選挙の結果が出た後で
どれだけあーだこーだ、ぶーすかびーすかと騒いでも、遅いと思うんだよね。アキラメロン。
今回の結果を受け容れることからしか、アメリカの新しい未来は創りえないと思いまぁす。

一方、日本の大手マスコミの論調では、トランプさんが「異端者」扱いされていて、
その奇抜な言動ばかりを取り上げては不安や危機感を煽っているけれど、
私は、トランプさんがアメリカの大統領になることは、日本が日本を取り戻すためには
案外よいきっかけになるような気がするんだよね。
今後のことを思うとそわそわするけど、別に悪い予感はしないというか。

トランプ新大統領の登場により、在日米軍撤退の話題が頻繁に出ることで
今まで「米軍は基地から出て行け」と言ってきた人達の正体が徐々に明るみに出たり、
ついでに、彼らの背後にいるチャイナや朝鮮半島の方々の存在や思惑も暴かれたり、
あるいは日本の核武装や国防軍創立の可能性を本気で考える機会が増えると思われる。

さらに、これまで自分達はずっと弱いと思い込まされて、
アメリカに守ってもらうしか生きるすべがないと信じ込まされてきた日本人が
「私達日本人も、いよいよ自立して自活することを考えなくてはいけない。
さて、具体的にはどうやって?」と
自分達の頭で考えたり、答えを探す頻度が高まってくるはず。
もしもヒラリーさんが大統領になっていたら、
彼女と彼女が親密にしてきたチャイナとの連携は
依然としてマスコミのカーテンに覆い隠され、
異変が起きても気づきにくいままで進んでいっただろう。
ヒラリーのメール問題が日本のマスメディアではほぼ完全に黙殺されているように。

だから私は、大統領選で勝ったのがトランプさんの方でよかったと思っている。
私達の日本だって、いつまでも今までと同じ姿ではいられないのだし、
変化のときとはつまり「今」なのだ、と感じているから。

さてさて、もしも今まで政治にも経済にも関心のなかったような身近な人が、
今後自分に話しかけてくることがあったとして
「これから世界はどうなっていくんだろうね。日本は大丈夫だろうか。不安だよ」と
その人なりの正直な気持ちを吐露してきたときに、私なりに、
「日本は大丈夫だと思う。
それに、日本がこれからシステム的にも精神的にも強くなっていくことで
世界にもよい影響がもたらされるようになると私は思っている。
自分は明るい方、よい方を見て、その方向性を育てて伸ばすようにするよ、
たとえばその一例として、今、こんなことを考えているんだ…」
と堂々と答えられるような自分でありたい。

日本に必要なものは何だと思っているか、
どんな国にも負けない日本の強みや、世界に必要とされる日本の魅力とは何なのか、
一人ひとりが考えて、その考えを素直な気持ちで話しあえるようにしていきたいね。
************************

今度こっちのブログを更新することがあるとしたら、それは、
外患誘致罪告発が受理されて売国奴の極刑が確定するぐらい
大きな動きがあったときかなあ。
ま、なくはないよね。可能性として。

そういったことで、まあ、
沈む舟を見てあざ笑っていても仕方がないので、
私達は自分の乗っている舟を丁寧に手入れしましょう。
旅はまだまだ続くのですからね、鉄郎……。


posted by はなうた at 19:34| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする