2015年02月03日

恵方巻?海苔巻は食べやすい大きさに切って食べるのが伝統の食べ方です!

はぁ〜い、セニョール、セニョリータ♪
ステキな豆を撒いてるかい?

(ちびまる子ちゃんの花輪君の声で再生してください)

さてさて、私が今日、申し上げたいのはこの一点です。

「海苔巻は、
食べやすい大きさに
切って食べよう!」


norimaki.jpg

はなうた家の海苔巻^^

甘い厚焼き玉子と、きゅうり、ホウレンソウ、桜でんぶ、
魚肉ソーセージ(笑)、しみ豆腐、カニカマ、紅ショウガ、
おいしいもの全部巻です♪
海苔巻は切り口の美しさもまた楽しいものです!

11959565_2135706232_128large.jpg

恵方巻なんて食べ方は、私の頭の中では、
<ヽ`∇´>の陰謀ですww

あんな訳の分からない食べ方が、そもそも
日本の伝統の食べ方であるはずがなかろうもん。

あほなイルボンが、ウリたちの作戦に引っかかったニダ!
あんな食べ方をしているイルボン、アホ丸出しニダ!
ざまあみろニダ!<ヽ`∇´>ウェーハッハッ

と、私の頭の中の<ヽ`∇´>が笑っているざますw

だから海苔巻は、私は切って食べます。
大口を開けてではなく、
おちょぼ口で食べるんです!

両陛下や秋篠宮ご一家がなさるとは
到底思えないような食べ方は、
日本の伝統の食べ方ではありません。
日本人ならそういう感覚を持っているはずです。

マスコミのくだらない嘘に騙されないように、
私達日本人は日本の伝統を大切にしましょう。

ちなみに、節分の本来のお食事は海苔巻ではなく、
イワシと豆とお蕎麦らしいです^^

http://www.womanlife.co.jp/topics/detail.html?k=1929

皆様の地域では、どんな感じですか?

posted by はなうた at 17:19| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは〜。
恵方巻きについて、完全同意です。
下品だなぁと思います。
ルーツはこうらしいですよ↓
http://sirabee.com/2015/02/02/16778/

遊郭で流行った、まんま下品なお遊び。
セブンイレブンが流行らせたようですが
よく全国区になったなぁ…と思います。
旧正月に食べる縁起ものはもっと日本文化らしいものが良いですよねー。
Posted by 雪風 at 2015年02月03日 21:26
>雪風様

コメントをありがとうございました♪

あの食べ方にしてこのルーツあり!
という感じがムンムンする、納得のエピソードですね。

セブンイレブンの中の発案者は
そのルーツを分かっていて広めたのでしょうか。
だとしたら最低ですねぇ。

下世話な大人が人目に付かない場所で
ああいう食べ方をするだけなら勝手にやっとくれ、
としか思いませんが、
子供や若い娘さん達にも広めてやらせてしまったことは
日本人として恥ずべき所業だと思います。
いずれ撲滅させたい、悪い流行です(`・ω・´)

ちなみに、普通の海苔巻を改めて見直して、
切り口が綺麗だし楽しいなあ、
並べた姿が絵になるのはやっぱり
普通の海苔巻だなあ、と感じた次第です^^

Posted by はなうた at 2015年02月04日 08:31
恵方巻にはそんなルーツがあったとは…!!
確かによくよく考えてみると、下品ですよね!
お花畑時代には、流行りに乗せられやっちゃってましたが、今後一切やりません!と心に誓いました。

我が家では昨日は牛乳パックに鬼の絵を張り付けた物を作って、豆をぶつけて鬼倒しゲームで盛り上がりましたが、本来の節分の意味をきちんと伝わるかどうかはさておき、子供達に説明してみました。

それぞれの祝日や季節の行事の意味を私達大人がきちんと理解して伝えていく事はとても大切な事ですよね。
お恥ずかしながら、はなうた様や雪風様のブログなどを拝読するまでは知らない事が沢山ありました。

これからも色々と勉強させて頂きます!!
Posted by ももあると改めあるも at 2015年02月04日 11:40
確かに家族がやってたらうれしくもなんともないですからね。
普通に切って食べましょう。

ただ、反対運動は結構ですがセクハラだから、という理由は美しくない気がしますね。

広めたセブンイレブンを糾弾しないやり方で新しい食べ方と飾りつけを広めたほうが美しいです。

切り方、盛り付け方でなんとか神道、風水などを絡められれば海苔巻も数が売れるし、半島的な下品さも清められるしで弥栄な方法だと思います。
Posted by 日向 剣士朗 at 2015年02月04日 12:46
> 日向 剣士朗様

コメントをありがとうございました。

日向様のブログやご意見は、
私には学ぶところも多く、尊敬申し上げていますが、
だかといって、私の発信する内容について
日向様に論評をお願いしたいと思ったことは
ただの一度もありません。

それは日向様に限ったことではなく、そもそも私は、
誰にも論評をお願いしておりません。

私は、たとえば日向様のブログの記事で
しっくりこないと感じるものがあったとしても、
日向様のブログに乗り込んで
進言するようなことはいたしません。

「そういう記事を書いた気持ちはわかりますが、
美しくないですね。
こういう書き方をしたほうが美しいと思いますけど?」

などとコメントで寄せるのは、
私は、記事を一生懸命書いた人に対して失礼だと思いますし
余計なおせっかいだとも思いますので、いたしません。
ただスルーするだけです。

海苔巻の切り方、盛り付け方について
神道や風水を絡めて解説するのに十分な
基礎知識やアイデアを持っている人がいるのであれば、
そういう人がそういう記事をご自身で書かれたほうが
説得力がありますし、よいと思います。

また私は、「下品なものは下品だ、感性を磨こう」
「みんなで注意して、気づいた人からやめていこう」
と呼びかけることに何のためらいもありません。


私はこのブログと言う私の場所で、
私が人に伝えたいと思ったことを
自分の責任で一生懸命伝えています。
それを美しくないことだとは、
私は絶対に思いません。

Posted by はなうた at 2015年02月04日 17:12
>あるも様(おお〜、新鮮な響き^^)

コメントをありがとうございました!

恵方巻の由来は、私も去年ようやくその由来を知って
「これは絶滅させないといかん」と思っていたのです。
それで、今回は気がつけば節分の当日でしたが(笑)
慌てて周知した次第です^^;

剛力○芽とかキ○ヨナとか韓流とか壁ドンのゴリ押しにも
辟易していた私ですが、この恵方巻も
すごいゴリ押し感で、ますます嫌になるパターンですねぇ(´・ω・`)

それでも恵方巻はその由来を知れば、
まともな人はドン引きして
二度と関わりになりたくないと思うでしょうから、
私は今後もしつこく周知していくつもりです!


それと、豆まきの由来をお子様たちに説明なさっていて、
とてもエライです。さすがはあるも様です\(^o^)/

お子様たちは、あるも様のお話の意味は
今は完全にはつかめないかもしれませんが、
「ママが一生懸命お話してくれた」ということは
しっかりと心に残ると思います。
今は、それで十分!そして、それがすごく大事!!
毎年毎年、繰り返しお話してあげてください(人)
そのたびにお子様たちは少しずつ、いろいろなことを感じ取って
賢くなっていかれると思います☆


かくいう私も、日本のことを目下勉強中であり、
周りの護国仲間にいいお話を教えてもらって
「なるほど〜」と感じることが日々、多々あります。
その中でも「これは、みんなで共有しておきたいなあ」と
思ったことを、これからもアップしていきますね^^


雪風様のブログは、私も大好きです\(^o^)/


Posted by はなうた at 2015年02月04日 20:46
申し訳ありません、出過ぎた真似をいたしました。
これからも精進いたします。
Posted by 日向 剣士朗 at 2015年02月04日 22:54
>日向 剣士朗様

意見をしっかり受け止めてくださり、
ありがとうございました。
Posted by はなうた at 2015年02月05日 17:32
はなうたさん、こんばんは(^o^)/

コメント欄では『はじめまして』ですね。
よろしくお願いします。

恵方巻、食べてしまいました…(^_^;)
お花畑な自分に凹んでおります。
我が家では大量に海苔巻きを作ったので、翌日は切り分けて食べたんですが、『同じ海苔巻きのはずなのに切り分けて食べた方が見た目もきれいだし、味も美味しく感じる』と家族全員が言っていたんですよね。
恵方巻きのルーツを教えたら驚いていました。
まだまだ知らない事だらけなので、これからも勉強させて下さいね。
Posted by すずのね at 2015年02月06日 20:08
>すずのね様

おお〜\(^o^)/初コメント、ありがとうございます!
こちらこそ、よろしくお願いします♪

私も、海苔巻は切って並べた方が
見た目にもきれいですし、ずっとおいしそうですし
実際においしく感じられると思います。

日本人の豊かな感性に、ああいう奇怪な食べ方は
いろいろな意味でそぐわない気がしますね〜(´・ω・`)

「恵方巻」という名前の一見おめでたそうな響き、
加えて「願いが叶うかも?」というふれこみで
ついつい広まってしまったわけですが、
恵方巻の仕掛け人が由来を知りながら広めたのであれば
日本人として恥ずかしいな、と思います。

企業が一時的に潤っても、本当のところが明らかになれば
稼いだ小銭以上の損失が出てしまうのではと考えます。

モノを売る側も、買う側も、自分の中の「日本人らしさ」を
大事にしていく世の中がいいな、と思います^^



Posted by はなうた at 2015年02月06日 23:05
遅ればせながらここ数日分をまとめ読みさせて頂いております。

はなうた家では海苔巻きの具に「しみ豆腐」が入っているんですね。
これは目からうろこです。
桜でんぶも懐かしい^^

我が家は乾物商品を沢山扱いますのでお寿司屋さんや和食処さんから「干瓢」の注文を頂きます。

以前は多くが中国産でした。
ところが大きな汚い段ボールに積み込まれて来た(いや。突っ込まれて来たという表現の方が正しいかな)干瓢は 取り出した瞬間から消毒薬の臭いがします。
そして袋分けしていると私の腕とか両手にぶつぶつ と赤い斑点が出来てくるんです。

恐らく 日本へ輸出?腐らないように消毒薬に漬けるある!あ?色も白い方が清潔そうに見えるある!何しろ 赤い川の水で炊いたら全部赤飯になるのに日本人はうるさいある!と漂白剤へ。
段ボールの底には髪の毛や何かわからん異物が「とぐろ巻き」状態でした。

左巻きの夫に必死に訴えて「高くても国産に拘ろう」と 今では全て国産に替えました。
値段は3倍します。
(多分 今ではそんなに変わりません。色んな品物を見ていると、えらそーに中国産のくせに高くなってきましたからね)

需要があると言う事でだんだん減少している干瓢作りの農家さん推しにもなります。

でもさすがに商売屋さん以外の家庭にはキロ単位の干瓢を勧められないし この「はなうた家」のしみ豆腐がいいなぁ。と 実感致しました。

あっというまに桃の節句になりますしお寿司を作られる家庭には 具材にしみ豆腐をおススメしてみます。ありがとうございました。
Posted by ヒデ丸 at 2015年02月07日 15:54
>ヒデ丸様

こんばんは\(^o^)/コメントをありがとうございました♪

さすがはお料理上手で、美味しいもの好きのヒデ丸様!
はなうた家の海苔巻の具に注目し、
海苔巻の具の中では変わった素材である
「しみ豆腐」に注目されるとは!唸りました!
(なんだかマニアックなやりとりw)

しみ豆腐は、先日見たテレビで海苔巻の具として出ていて、
おいしそうだったので試しに追加しました。
我が家の海苔巻の中でもニューフェイスです^^

しみ豆腐ですから、噛むと甘じょっぱいダシが
じゅわーっと出て、美味しいんですよね〜。
むしろ今まで入っていなかったのが不思議なぐらいでした。

ちなみに、ヒデ丸さんは既にご存知かもしれませんが、
しみ豆腐は、豆腐よりもさらに栄養価が高く
ダイオキシンなどを排出しやすくする効果や
コレステロールの軽減効果もあるそうです。
さらには、骨粗しょう症の改善が期待できるイソフラボンや
貧血気味の女性には嬉しい鉄分が豊富に含まれているとのこと!
http://www.kouya-tofu.com/body2.html

目立たないけど味があって、健気でいい子だよね、しみ豆腐ちゃん…
と思っていたら、まさかこんなに優秀で才能のある子だったなんて!
今まで見る目のなかったおばちゃんを許しておくれ!
という気持ちになり、見直し崇拝(笑)するようになりました。

健康にいい要素が盛りだくさんですから、
これは幅広い年代のお客さんに勧めやすいですよね〜^^


かんぴょうも美味しいのですが、確かに、
大量消費はしにくいなあと思いました。

かんぴょうといえば、私は、
かんぴょうの名産地・栃木出身の知人に
「かんぴょうと卵とじのおみそ汁」を教えてもらって以来
かんぴょうが大好きになりました。
とき卵と一緒におみそ汁に入っているかんぴょうって
甘味が増した感じになって、美味しいんですよね(*´▽`*)


そしてまたまた話は変わりますが、
ヒデ丸様のあるのあるある話(笑)が
あまりにリアルすぎて、うひょ〜怖い〜と思いつつ爆笑しました。

支那産と朝鮮産の食品は…あれは、食品に似せた毒物ですからね。
いまだに仕入れている食品店はいい加減に悔い改めてほしいです。
支那産から日本産のかんぴょうに切り替える英断をなさった
ヒデ丸様の爪の垢を煎じて、
いい加減な食品取扱業者に飲ませたいと思いました\(^o^)/

Posted by はなうた at 2015年02月08日 00:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413445623

この記事へのトラックバック