2015年12月23日

【奉祝】天長節〜天皇陛下、82歳のお誕生日おめでとうございます【弥栄】

今上天皇

82歳のお誕生日、おめでとうございます。

いつも、いつでも、日本国と日本国民のために
全身全霊でお働きくださいまして
本当にありがとうございます。

今上天皇2.jpg

祭祀や年中行事といった皇室の伝統を
大切に受け継いでくださり、ありがとうございます。

今上天皇3.jpg

おそれながら、天皇陛下は、日本国民みんなにとっての
「心のお父さん」だと思っております。
いち国民として、陛下をお慕い申し上げています。


それから、陛下、日本人にとって本当に大切で
感謝してもしきれないぐらいありがたい英霊の皆様を
常々気にかけてくださり、
海外までお迎えに行ってくださり
本当にありがとうございます。

パラオにて.jpg

生まれ故郷を遠く離れた地で、その命を落とし、
悲しい夢の中をさまよっておられた英霊の皆様は、
両陛下のお姿を目の当たりにされたときに
どんなにか嬉しかったことでしょう。

悲しみや苦しみ、痛みや孤独に耐えておられた英霊を
一人残らずお迎えに行くことを決意してくださり、
さらに、その胸に我が子のように抱きとめてくださり
本当にありがとうございます。

それは、誰にでもできる簡単なことではありません。
名実ともに「日本国民の心のお父さん」である
天皇陛下にしかできないことだと思います。


それから、既に4年前の話になりますが、
東日本大震災では、陛下は震災の5日後に
心のこもったお言葉を
全国に向けて発信してくださいました。
当時大混乱していた日本の人々を落ち着かせ、
励まし、勇気づけてくださいました。

あのときの陛下のお言葉は、今あらためて拝読しても
陛下の大御心が胸の内側まで深く響いて、涙が出ます。

**********************

東北地方太平洋沖地震に関する天皇陛下のおことば
(平成23年3月16日)


この度の東北地方太平洋沖地震は,
マグニチュード9.0という例を見ない規模の巨大地震であり,
被災地の悲惨な状況に深く心を痛めています。
地震や津波による死者の数は日を追って増加し,
犠牲者が何人になるのかも分かりません。
一人でも多くの人の無事が確認されることを願っています。

また,現在,原子力発電所の状況が
予断を許さぬものであることを深く案じ,
関係者の尽力により事態の更なる悪化が回避されることを
切に願っています。

現在,国を挙げての救援活動が進められていますが,
厳しい寒さの中で,多くの人々が,食糧,飲料水,
燃料などの不足により,極めて苦しい避難生活を
余儀なくされています。
その速やかな救済のために全力を挙げることにより,
被災者の状況が少しでも好転し,
人々の復興への希望につながっていくことを
心から願わずにはいられません。

そして,何にも増して,この大災害を生き抜き,
被災者としての自らを励ましつつ,
これからの日々を生きようとしている人々の雄々しさに
深く胸を打たれています。

自衛隊,警察,消防,海上保安庁を始めとする
国や地方自治体の人々,諸外国から救援のために
来日した人々,国内の様々な救援組織に属する人々が,
余震の続く危険な状況の中で,日夜救援活動を
進めている努力に感謝し,その労を深くねぎらいたく思います。

今回,世界各国の元首から相次いでお見舞いの電報が届き,
その多くに各国国民の気持ちが被災者と共にあるとの言葉が
添えられていました。
これを被災地の人々にお伝えします。

海外においては,この深い悲しみの中で,日本人が,
取り乱すことなく助け合い,秩序ある対応を示していることに
触れた論調も多いと聞いています。
これからも皆が相携え,いたわり合って,
この不幸な時期を乗り越えることを衷心より願っています。

被災者のこれからの苦難の日々を,私たち皆が,
様々な形で少しでも多く分かち合っていくことが
大切であろうと思います。
被災した人々が決して希望を捨てることなく,
身体(からだ)を大切に明日からの日々を生き抜いてくれるよう,
また,国民一人びとりが,被災した各地域の上に
これからも長く心を寄せ,被災者と共にそれぞれの地域の
復興の道のりを見守り続けていくことを心より願っています。

**********************

今上天皇4.jpg

陛下のお顔は、いつ拝見しても、
ずるさがまったく感じられないお顔です。
とがったところが、まったく感じられないお顔です。
つめたいところが、まったく感じられないお顔です。

それはおそらく、陛下が、
みんなのことを思いやれる、広く深いお心をお持ちだということ。
まろやかでおおらかで、すべてを受け容れていらっしゃるということ。
温かく柔らかく、それでいてみんなのために立つ強さをお持ちだということ。

だからこそ陛下のお顔を拝見するたびに、
私はただただ嬉しく、ありがたい気持ちで満たされていきます。

今上天皇6.jpg

それから、両陛下が並んでいらっしゃるところを拝見するたびに、
私はいつも「高砂」のお人形を思い出します。
優しくて、おだやかで、喜びとありがたさに満ちたご存在。
長寿と夫婦和合の象徴のようなお二人。

「今日も天皇皇后両陛下が、
お幸せにお健やかにお過ごしになりますように」と
毎朝、神棚に向かってお祈りしています。

いつも、いつでも、日本のためにいてくださって、
ありがとうございます。

野々村彩乃さんの歌う素晴らしい「君が代」の響きで
陛下のお誕生日をお祝いさせてください。



すめらぎ いやさか。



posted by はなうた at 00:00| Comment(0) | 皇室と日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。