2016年02月25日

なんて、書いたそばから更新しちゃいますけどね

ごきげんよろしゅう、皆様。
ちなみに、私はといいますと、ややおかんむりです。

去年の暮れに「旭川市の教育大綱案に意見書を送ってみました
という記事を書きましたが、皆様は覚えておいででしょうか。

去年の暮れに、旭川市の教育大綱案を読んで私が感じたのは、
旭川市の教育大綱、という名目でありながら
屯田兵の「と」の字も出てこないこと。
そして「アイヌ文化や郷土芸能など、地域の文化の保存や伝承に努める」
という記述から分かるように、アイヌ文化を郷土芸能より先に記述し
いかにも重視している姿勢が見られること。

そういうあり方はおかしいと思いますよ、という意見を送ったのですが
その回答が今日、旭川市から送られてきました。

結論から申し上げますと、私が指摘した上の個所は
完全にスルーされて教育大綱が完成していました。

そのスルーの理由は、こういうものでした↓

「ご意見の内容につきましては、教育大綱(案)の
「基本目標1−施策1」の以下の文章中に、
屯田兵などを含めた本市の歴史教育の要素が含まれていると
考えられるため、参考意見として受け止めさせていただきます」

「受け止める」ということは「無視する」ことと同義で使われるものでしょうか?
確かに受け止めたのであれば、
なぜ受け止めたものを活用しないのでしょうか?
結局、受け止めてないということですよね?

どうして、「屯田兵」という名称を大綱の中にただの一か所も入れず、
うやむやにぼかしたままなのでしょうか?

「屯田兵」は、旭川を切り拓いた人達を現す大切な言葉ですよ?
しかも、たった3文字ですよ?(笑)
なぜ、そこまでかたくなに拒否しているのでしょうか?

「屯田兵」という「兵」という文字から
軍靴の音でも聞こえているのでしょうか?(笑)(笑)

それでいて、「アイヌ文化」という名称の方は
なぜそんなにも嬉しそうに、高らかに謳いあげているのでしょうか?

ああ、もう!!!
このどあほ!くそ売国奴ども!!!!
しね!しね!しね!!!(怒)旭川の恥さらし!!!
日本人の面汚し!!!ばかサヨク!!!

お前らなんて、あやしいエセアイヌ文化と共に完全に絶滅して
地球上から消え失せろ、すかぽんたん!!!!

…ふう。

この、ど畜生な回答は、あるもさんのところにも届いている頃でしょうか。
ほんと腹が立ちますよね。
気の済むまで怒り狂いましょう(笑)
ちなみに、私の方はもう、数時間かけて丁寧に怒り狂いましたので(笑)
だいたい気が済んだところです。
ここからは、気を取り直すことにしました。

多くの人に、屯田兵のことを大切に思ってもらうきっかけとして
今回のド腐れた回答を最大限に利用する、と決めました。

旭川市の歴史教育の現状と方向性について考えてみました」でも書きましたが
反日的な方向にガッツリ偏っていることで知られる東京書籍の歴史教科書を
市民の反対の声をあっさり無視して選んだ旭川市でありますから、
アカい人達が積極的に関わっているであろうことは推して知るべし、です。

なんせ、旭川市博物館からしてあの分かりやすい体たらくですから、
旭川市の教育には、アイヌ利権がもろに絡んでいるでしょうし
悪名高い日教組の中でも指折りのワル(笑)である北教組も
がっちり絡んでいることでしょう。
キモいですね!(笑)

もしも、旭川市外の人から
「旭川の歴史を知るのに、オススメのスポットは?」と聞かれたら、私は
北鎮記念館と兵村記念館と、旭川神社と永山神社をお薦めします。

そして、旭川市博物館はどうなの?と聞かれたら、
市民の税金を無駄遣いして、アイヌ文化ばかりゴリ押ししている
寒々しい施設だから行かない方がいい、
ひと言でいえばくそみたいなところだよ、と説明します。

そして「私は屯田兵や自分の祖先を尊敬しているので、どうせなら
屯田兵と開拓民の頑張りや喜びを紹介した施設を見てほしいんだ!」
と自分の思いを伝えます。

それって、当たり前のことでしょう?
だって私、旭川市民ですもの(´・ω・`)

アイヌといえば、余命さんが先日の記事で、
ちょうどアイヌ問題について触れていた
ので
今夜は、その分析を読んで溜飲を下げたりしていました。
そして、余命さんの素晴らしいコメントを反すうしながら
お風呂で髪を洗いつつ、「ぐ〜〜〜〜、がるるるるる!!!」と
もろに狂犬の形相(笑)で唸っていた私でしたが、ふと

「この土地にちゃんと根っこを張っている私が、
あんなでたらめな根なし草どもに負けるわけがない」

と思いました。
そうしたら、ふっと気持ちが楽になりました。

旭川市の歴史教育がどんなにド腐れていようとも、
私自身が、旭川を好きで大切に思う気持ちには何の変わりもない。
私は、私自身の郷土愛から幸せを感じられる。
私は旭川が好きなんだ。

私は、今みたいに、ごくふつうに根っこを張り続けて、
自分と町と国を堂々と愛して生きていく。
ありのままの気持ちを一番大切にして、生きていくんだ。

というようなことを、今日はぐるぐると考えていました。

そして、このむなくそな気分を変えてくれる
さかなクンの素晴らしい演奏をエンドレスで眺めてしまうのでした。
自分のやりたいことを一生懸命やってきた人は、かっこいいですよね^^
スカパラの誰よりもオーラがすごい。目が釘付けになってしまう。



昔見ていたバラエティ番組で、
さかなクンが海の漁船の上で、とれたてのサンマかイワシみたいな魚を
「ぎょぎょ!おいしそうですね〜」とわしづかみにしたなあ、と思ったら
いきなり頭からガブリ!とその魚にかみついて食べ始めた瞬間を見て
「やだ、この人!こわい!(笑)」とびびったものでしたが、
今ではそんな猟奇的なところも含めてさかなクンを愛しています(笑)







posted by はなうた at 21:29| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ええ!!
私の所にも届きましたとも!!(-_-#)
旭川市から返事が来た時は、きちんと返事をくれるんだ!と感心しましたが、中身は「は…?」といった感じでした。
多分、はなうた様に対する物と全く同じ回答でしたね。
回答を見た感想も、はなうた様と同じです!!
確かに市長がまず民主党が支援しているという時点で終わってるもんね!と思いましたが、私たちの意見を受け止めたのなら、きちんと活かさんかいっ!!と思いました。
けれども、これからもそのような機会があれば、諦めずに意見を出していかなくてはいけませんね。
私も今回の事をはなうた様に愚痴メールでもしようかなと思っていた所でしたので、ナイスタイミングな記事でした(*^^*)
Posted by あるも at 2016年02月26日 13:19
ちなみに私もさかなクンが好きです!!
Posted by あるも at 2016年02月26日 13:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。