2016年03月08日

平成27年度 師団武道競技会を見学してきました

前回の「旭川冬まつりの雪像制作」で
駐屯地モニターのイベントは終了だと思っていたのですが、
2月末に旭川駐屯地からお電話をいただきました。そして

「突然ですが、あと1回、モニターさん向けの企画を行いますよ!」
「ファッ?!」

みたいなやり取りがありまして(笑)
10年に1回ぐらいしか行われないという、とても珍しい、
師団を挙げての大規模な武道競技会
見学させていただけることになったのでした\(^o^)/

競技会の種目は、銃剣道と拳法です。
どちらも初めて間近に見るものでしたので、
ご案内をいただいたときからとても楽しみにしていました。

まず、会場である駐屯地内の体育館に案内していただきました。
用意していただいた座席(体育館のステージ上)に座ろうとしたところ
椅子の上に、このような↓ちゃんとしたパンフレットを発見。

IMG_20160305_155419.jpg

このパンフレットには、2日間に渡って行われる
個人戦と、団体戦(部隊対抗)の勝敗の決め方、
競技会のスケジュール、取り組み表やトーナメント表、
参加選手の名前一覧が掲載されていました。

そして、名前一覧のところには
それぞれの武道歴が紹介されていて、
さすがは自衛官という感じでした。
柔道や剣道や空手の有段者、
キックボクシングや総合格闘技
長年やってきた方なんかもいらして、
「すごいな、どうしよう…私、勝てる気がしないよ…」
(いや、誰も私に勝てとか思ってないよ)
と武者震い(?)しながら名簿を眺めていたのであります(笑)

そして、場内は真冬のこの時期にもかかわらず、
なかなかの熱気と運動部的な匂い(笑)と、
男性率100%の歓声でおおいに盛り上がっていました。
男の世界!って感じでした。迫力があって、すごかったです*^^*

ステージ上から見た、銃剣道の試合の模様は
こんな感じでしたよー。

一同、整列して前へ!

DSC_0562_R.JPG

向かい合って、礼!

こういうシーンって、すがすがしいですよね〜。
大好きです。

DSC_0563_R.JPG


そして、こちらは体育館の様子です。

DSC_0559_R.JPG

各部隊の応援の人達が、それぞれの団旗を飾って声援を送っていました。

二階席左側の皆さん↓

DSC_0560_R.JPG

二階席右側の皆さん↓

DSC_0561_R.JPG

びっしりと並んで、応援していました。

第2師団全体の競技会ということで、
旭川市内の陸自の人達だけでなく
留萌や名寄、遠軽、上富良野の陸自の人達も
泊りがけで参加しに来るような大会だったようです。
大規模な体育大会という感じがしますねー。

そしてこちらが、銃剣道の試合の様子です。

DSC_0557_R.JPG

私は今回、初めて銃剣道をちゃんと見たのですが、
鋭い「突き」が印象に残りました。
剣道ではまず見られないような、
喉などの急所をガチで狙っていく戦い方にびっくりしました。

動きもすごく速かったです。

DSC_0556_R.JPG

防具は一見すると剣道っぽいのですが、
剣道の「竹刀」の持ち方と銃剣道の「木銃」の持ち方とでは、
やっぱり全然違うのですね。

DSC_0589_R.JPG

日本の銃剣道の発祥は、明治時代にまでさかのぼります。

銃剣道のもとになった銃剣術は、
日本に昔からあった剣術や槍術の要素を取り入れながら、
独自の武術として編み出されて、磨かれていったようです。

やがて銃剣術は、旧日本軍でも採用されるようになりましたが
それを大東亜戦争後に競技武道化させたものが、現在の銃剣道です。
現在の銃剣道の競技人口は、自衛官が大半を占めているとのことでした。

ちなみに日本の銃剣道は、競技性が強く独特であり
各国の軍隊で普及している実戦的な銃剣術とは異なるようです。

ところで、私のピントのスイートな画像(笑)では
銃剣道の迫力はなかなか伝わらないと思いますので、
参考動画をあわせてご紹介します。
まさに、こんな感じ↓でしたよ。



こういう訓練を、日ごろから地道に、ひたすら積んでいる方々に対しては
尊敬の気持ちしかありません。到底真似できるものではない…
自分には、こういうことはどう頑張ってもできないけれど、
自分は自分で、自分に向いていることを頑張って
世の中に貢献しよう…と、なぜか謙虚な心が沸いてきました(笑)
真剣勝負をする人達から発せられる迫力に、心打たれてしまったようです。


次に、拳法(徒手格闘)の試合を見学させていただきました。
wikipediaによれば、自衛隊で取り組まれている拳法は
「日本拳法をベースに、柔道と相撲の投げ技、
合気道の関節技を採り入れた内容で構成されている」そうです。
私は全然格闘技には詳しくないので、
それらしい解説が何ひとつできなくて恐縮なのですが
素人目から見た感じでは、手も出る、足も出る、という割と自由なスタイルで
文字通り相手をボコボコにしていく競技なのだなあと思いました(笑)


こちらは、ちょうど試合が終わったばかりの、とある部隊の方々。

DSC_0571_R.JPG

競技を終えたばかりの選手達を、仲間達が大いにねぎらっていて、
傍から見ていても心温まる、いい感じがしました。


それから、こちらは練習風景。

DSC_0572_R.JPG

パッと見て、体格のいい人や、
エネルギッシュな感じの人が多いという印象を受けました。

さて、いよいよ試合開始です。

DSC_0574_R.JPG

こういうちゃんとした感じ、本当に素晴らしいです。

DSC_0570_R.JPG

礼のシーンだけ、むやみに激写していた自分に後から気づいて爆笑www
どれだけ礼を愛しているのでしょうwwww

DSC_0573_R.JPG


そして、ここからは試合の様子です。

DSC_0569_R.JPG

DSC_0566_R.JPG

DSC_0582_R.JPG

DSC_0577_R.JPG

DSC_0583_R.JPG

DSC_0584_R.JPG

DSC_0586_R.JPG

DSC_0588_R.JPG

ふう…こうして写真を並べただけでも、あのときの興奮が蘇りますわ(笑)

参考までに、拳法についても、わかりやすい動画を置いておきますね。

実戦型格闘術「自衛隊拳法」


今回の競技会の見学には、私以外の女性モニターさんも
何人かいらしていたのですが

「面白かった!もっと見ていたかった!(`・ω・´)」


「今見ていた銃剣道の試合の勝敗を

ちゃんと見届けてから帰りたかったなぁ(´・ω・`)」

「ずっと見てても飽きないよね〜!面白いわ〜(*´ω`)」


などとお話されていて、なんだかすごく盛り上がっておられましたw
皆さん、普段から上品で控えめだったり、
女性らしさに溢れた方々なのですが、
エキサイトしながら感想を述べ合っていらっしゃる様子が
なんだか可愛らしかったです^^

そして私としても、自衛官の方々にとって、ある意味で「晴れの舞台」を
今回見学させていただけて、とても興味深く、思い出に残りました。
関係者の皆様、ありがとうございましたm( )m


そして!
今度こそ最後(笑)の体験喫食です。
最後のメニューは「肉じゃが」でした。

DSC_0592_R.JPG

「本当は、もっと美味しそうなメニューにしたかったんですけどね、カレーとか」
と、駐屯地モニターを担当してくださっている自衛官の方がおっしゃっていましたが
いえいえ、カレーはもう十分いただきましたのよ(笑)
というかカレー率が高杉でしたのよ(笑)
意図的にカレーにしていたんですね(笑)

うーん、カレーって、やっぱり自衛隊自慢のメニューなんでしょうかねぇ…
今度訊いてみようっと(´・ω・`)

まあ、それはそれとして、今回のメイン料理は肉じゃがでしたが、
肉じゃがも、それ以外の副菜も、思いの外ものすごくおいしかったですよ!!

肉じゃがは、家でよく食べているような甘くておいしい味付けでした。
そして、びっくりしたのが揚げ出し豆腐の美味しさで、
あれは…豆腐ではなくて、生揚げを揚げていたんじゃないかな?
中はふんわりと柔らかいのに、食べごたえがありました。
それから「あん」は蟹の身を小さくほぐしたのと
三つ葉が入っていて、彩りがきれいでした。
おろし生姜もほどよく効いていて、よいアクセントになっていました。
この味はいつか自分で再現しよう!と心に誓った次第です(`・ω・´)

それから、もう一つの副菜として、
鳥取名物のスタミナ納豆というのがありました。
炒めて甘辛く味付けした鶏ひき肉と、ひきわり納豆と刻んだネギを混ぜた
ボリュームのある立派なおかずでした。これも家で作ってみたいです。

この日は、競技会に参加する自衛官の方々のことを考えて
こういう良質なタンパク質が豊富なメニューにしたのだなあ、と気づいて
心温まりました(*´▽`*)すばらしい献立、すばらしい料理でした。
こんなに美味しいものをしっかり食べたら、
きっと午後もばっちり頑張れるのでしょうね〜♪


ということで!今回こそ(笑)駐屯地モニター日記、最終回です。
最後の最後で、自衛官の方々のガッツあふれる試合を見学できて
本当に恵まれていたなあ、とありがたく思います。

今年の旭川駐屯地モニターは、例年よりも見学できるイベントが2件も多く
戦車射撃競技会と今回の武道競技会)、
いろいろとラッキーが重なっていたようです。

私のような、右も左も分からないが愛国心だけは異様にたぎっている(笑)
ちょっと面倒くさい人間(爆笑)をモニターに選んでいただき、
さまざまなものを見せてくださり、
また自由に記事を書かせてくださった関係各位に
今一度、心より感謝申し上げますm( )m

そして、このシリーズをご愛読くださった皆様にも
心より感謝申し上げます(人)
皆様が駐屯地モニターをなさる機会がありましたら、
私のように存分に(笑)満喫して、その魅力、その素晴らしさを
これでもか!これでもかぁぁぁ!!!と世に広めてください(笑)

この「駐屯地モニター日記」のシリーズが、
自衛隊の大切さと活動のすばらしさ、
そして国防の重要性について考える一つのきっかけとして
皆様のお役に立つようでしたら、とても幸いです。
約1年間のご愛読、本当にありがとうございました。


posted by はなうた at 22:25| Comment(1) | 駐屯地モニター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
駐屯地モニターさん向けに後1回イベント企画されたはなうたさんもラッキーなら読ませて頂く私達もラッキーです。武道会なんて武蔵コジローの世界じゃありませんかw 銃剣道という武術があるのも知りませんでした。喉の急所を突くなんて見てるだけで「うごっ!」と声が出てしまいましたよ。いつもながら、はなうたさんが心から楽しんで自衛官の方々を敬いながらレポートされてる様子が見て取れて大変、興味深くそして楽しかったです。カレーは海自、肉じゃがが陸自というのを前に聞いた事があるのでカレーばかり出てくる事に??でしたが最後にキターーー!という感じ。何だかこれを全て平らげたら「走って帰りまぁす!!」という気分になりそうなボリュームですねw
Posted by ヒデ丸 at 2016年03月09日 20:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。