2016年07月31日

本日は、いよいよ東京都知事選挙の投票日。「小池氏が優勢」と報道されていますが…

こんにちは〜。
今日は都知事選ですね!
今回の投票率(期日前投票を除く)は、前回2014年と比較して
およそ倍近くの数字をマークしているようです。


**********************

e473622c.png

東京都の舛添要一前知事の辞職に伴う都知事選は
31日午前7時から、投票が始まり、都選挙管理委員会が発表した
午前11時現在の推定投票率は12・67%だった。
前回2014年の同時刻と比べて8・57ポイント上回っている。
投票は、午後8時までに締め切られ、即日開票される。
同日夜には大勢が判明する見通し。 

http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20160731-OYT1T50060.html



**********************

今回は小池で多分キマリだから行かなくていいか、と
マスメディアの報道をななめ読みしている方々は考えるかもしれませんが、
投票に行かない人が多いと、その分、
組織票を持っている候補者が有利になります。

(一応)自民党が推す増田氏と、
(一応)サヨクの皆さんが推す鳥越氏に

間接どころか直接、加担する結果になるわけです。

今まで「誰に投票しても同じ」
「結果が分かっているから投票しても無駄」と

多くの有権者が投票行動を避けてきた結果が
現在の、うんざりするような体たらくをつくったわけです。

ということは、逆に、
有権者が自分なりに考えて投票することで

この体たらくを変えられる可能性が出てくるわけです。

もしまだ投票していない東京都の有権者の方がいらっしゃいましたら
自分の住む世界を自分の手でつくりかえるために、
ご自分で考えてご自分の町の投票所へ向かって一票を投じてください。


ちなみに、もし私が都民だったら桜井誠さんに入れますが
それはそれとして、今回は谷山雄二郎さんのこんな主張を載せておきます。
メディアが桜井誠さんや谷山雄二郎さんらの存在を隠すためにやけに
「主要三候補」をゴリ押しして、ほかの候補者を事実上黙殺してきましたが
メディアに取り上げられなかっただけで、こんなまじめな候補者だっているのです。


余命3年時事日記 1111 2016年都知事選32より抜粋

************************

〈17人の一人、谷山候補の訴え〉
 私は、今回、一つのことを申し上げるために来ました。
7/8(金)、小池百合子候補は、ここで、記者会見をしました。
外国人特派員協会の委員会主催です。
その数日後、私も、小池さんの様に「すべて英語でやりますので、
ぜひとも委員会主催でやらせていただきたい。」と、お願いしました。
すると、私は、「拒否」されました!
なんと、「“ゆがんだ”報道体制」なんでしょう!?
ここは、「民主主義」、「言論の自由」を標榜する、世界最先端のメディアであります。
にもかかわらず、自民党の小池百合子さんしか、
要は、既成政党の候補者しか、ここで、やらせない。
ぼくは、それで、拒絶されたんです!

 その後、私は、怒りを、ツイートしまくりましてね、
それは、明らかに、「民主主義」、「言論の自由」の精神に反する、と。
そうでしょう?私は、ここに、『言論の自由を、弾圧された』わけですから。
小池さんは「OK」、なんで私は「ダメ」??
「日本のメディア」と、同じなんです!あの「MKT48」
(増田さん・小池さん・鳥越さん)しか、レポートしない!
外国人特派員協会も、同じなんです。要は“向こう側”の人達なんです。

よって、今、(高橋候補が)おっしゃったように、ここに(居る)コレは
全部「茶番」なんですよ、みなさん!
一人、結局2分でしょ?合計4分!?

私が、外国人特派員協会が、いかに「偏向報道」か指摘した。
それに、ある意味「屈した」訳です、彼らは。
これが、私が、あえて分かっていただきたい、
「日本のメディアがいかに、異常か」と言う事。
本当の「民主主義では無い」と言う事を、
皆さんに、ご理解いただきたいと思います。

************************

自分のことを本当に大事に考えている人は、
周りの人のことも、自分の暮らす町や国のことも
大切に真剣に考えるはずだと思います。

どうかご自分の思いや存在価値を認めて、大切にしてください。
あわせて、ご自分の暮らす町や国のことも
照れず、ごまかさずに大切にしてください。

そして投票行動を通じて、
ご自分の思いを世界に向かって表明してください。
私は、そういう人達と一緒にこの国の未来をつくっていきたいと
こころから思っています。
posted by はなうた at 14:53| Comment(0) | 護国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。