2014年02月22日

2月22日、竹島の日に思う〜侵略を防ぐために、知ること〜

オリンピックで、日本人選手達の
すばらしい頑張りをたくさん見せてもらいました。
選手の皆様、本当にありがとうございました。

私には、オリンピックに出られるような
才能も気合いも根性もないけれど(笑)
自分にできることを少しずつ積み重ねて、
ちょっとでもいいからみんなのため、そして
日本のためになることをしていこう!と思えました^^


さてさて…
本日、2月22日は今の日本にとって
大事な日の一つであります。ご存知ですか?

2月22日は「竹島の日」であります\(^o^)/

なぜ、この日が「竹島の日」かといいますと…

1905(明治38)年2月22日、
島根県の知事が、竹島の所属所管を
明らかにする告示を行ったことに
由来しているのだそうです。

竹島は、まごうかたなき
日本固有の領土なのです。

今は韓国が不正を働いて、不法占拠しているけれど…

本日は、竹島に絡めて皆さまにシェアしたい、
海にまつわるお話をご紹介します(u人u)

神奈川県・横浜市内の赤レンガ倉庫のすぐ近くに
「海上保安資料館 横浜館」という施設があります。

1.jpg

 「日本の海を護る人達を応援する者として
 ここにはぜひ行っておきたいな(`・ω・´)!」

と前々から思っていたので、足を運びました。
入場料は無料です^^

この資料館では、2001年12月22日に自爆して沈没した
北朝鮮の工作船や物品を引き揚げて展示しています。

2.JPG

この北朝鮮の工作船は、
最初は漁船になりすましていました。

けれど本来、漁船であるならば
船の煙突の部分から出ているはずの煙が
なぜか出ていなかったり
(それはつまり、普通の漁船とは違う動力を
外から見えない部分で使っている
ということ)、

また、船後方に観音開きタイプの扉があるなど
(小型ボート等を出し入れしそうな、あやしい扉!)
不審な点が多く見られまして…、最終的には


   「工作船の疑いが濃厚」

と海上自衛隊に判断されたのでした。

2001年12月22日午前1時10分、
海上自衛隊からその旨の情報を入手した
海上保安庁は、午前6時10分から
午後10時過ぎまで、
およそ16時間もの時間をかけて
この船を追尾しました。


工作船は、中国国旗のような赤い旗を振りかざして
中国船に見せかけようとしたり(笑)
また工作船として証拠となりそうな物品を
海に投げ捨てたりするなど、
大人しく捕まるそぶりもなく逃走を続けました。

それだけでなく、海保の船に向けて
自動小銃やロケットランチャーなどで
本格的攻撃
をしかけてきたため、
(この攻撃により、3名の海上保安官が
7〜10日の入院・
加療を要する傷害を負う)
海保は、正当防衛のための射撃を実施。

海保の追手から
いよいよ逃げきれないことが分かった工作船は、
自爆と思われる爆発を起こして
ものすごい速さで沈没していったのでした。


後から調べたところによると、
この船には、設備として
自爆スイッチ」が備え付けてあったそうです。

いざというときの証拠隠滅、そして
近づいてきた巡視船などを巻き添えにする手段として
スイッチを設置していたのでは、と考えられています。

何とも不気味な工作船だったわけです。

そして、この船と一緒に引き揚げられた物品には
たとえばこんなものがありました。

殺傷能力の高い武器。

DSC_0393_R.jpg

それから、工作活動を円滑にするための
無線機、電話、ラジオなどの情報機器です。

DSC_0395_R.jpg

手前中央右側の白い携帯電話は
J-PHONEで、日本のもの
でした。

契約者が判別しにくいプリペイド式の携帯を使って
日本国内の暴力団関係者と
連絡を取っていたようです。


これらの機器は長期間、海に浸かっていたため
残念ながら引き揚げたときにはすでに
データの読み出しは不可能だったそうです。
それでも、機器の基本的な性能や
改造の有無については、
確認することができたのでした。

上の画像の物品以外にも、
九州の各地域の地形や様子が分かる
防水加工された地図
なども
資料として展示されていました。

そして、回収した証拠品を分析して分かったのは…

この船は、以前から九州周辺において
覚せい剤の運搬や受け渡し
行っていたらしいこと


船の内部には小型の船艇やスクーター、
潜水用具なども搭載されていたため、
工作員らの不法出入国に使われた可能性も
考えられる
ということ

でした。

自分の住む地域の周りを、
こんな船がウロウロしていると想像したら…
本当に気持ち悪くなりますね

中でも、私が「うわっ」と思ったのが、このバッジでした。

DSC_0399_R.jpg

北朝鮮の国民がつけていると言われる
金日成バッジ〜〜〜〜


私は、このバッジを見た瞬間に

 工作船と共に沈んだ工作員の身の上

 そして、自分がこれまで当たり前に
 享受してきた、恵まれた環境

に思いを馳せて、
なんともいえない気持ちになりました。


自分は…金日成なんかをたてまつる国ではなく、
天皇陛下のおわします国に生まれて育って、
何不自由なく暮らしてくることができた…
それは、なんて幸せなこと
なんだろう。

そして、北朝鮮に生まれて工作員として育てられて、
最期は異国の海に沈むという人生の中には、
一体どんな喜びがあったのかなあ…と。

(北朝鮮に同情は、まったくしないんですけどね。
日本は、北朝鮮系の暴力団にむしばまれ、
日本人が大勢拉致されて非人道的に扱われて、
あげくは全国の一等地にパチンコ屋を建てられて
日本の国益を搾取されているのですから…)

それにしても、こういう船を一隻引き揚げるだけで、
ずいぶんいろんなことがわかるものだなあ、
とすごく勉強になりました。

島国・日本は海に護られていると言えるけれど、
もっと突き詰めて考えれば、日本は、
海上自衛隊や海上保安庁の方々の
命を張った防御
によって
られているんだ

こういう展示物を、多くの人に実際に見てもらって、
日本がある意味で「戦時下」にあることを
明確に知ってもらいたい。
そして「気構え」をつくってもらって
一緒に日本を護ってもらいたいなあ。


そんなことを考えながら、資料館を後にしたのでした。

海上保安資料館 横浜館のHPは、こちらです。
http://www.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/kouhou/jcgm_yokohama/

<おまけ♪>
資料館の展示コーナーに貼ってあった
国土強靭化のポスター^^
DSC_0384.jpg

海保や自衛隊などの国防面も、
国土強靭化をスローガンに掲げた公共事業も…
すべてのことは

 「わが国を護りたい」

という思いのもとに、つながっています^^


最後に、竹島のことを少し書きます。

冒頭でも触れましたが、
大事なことなので繰り返し書きます…

竹島は、今は韓国に不法占拠されていますが
間違いなく日本の領土です。

竹島が再び、安全で穏やかな
あるべき状態に戻れるように、
この2月22日、わずかな時間でもいいので
静かにお祈りをしていただければ、と思います。

可能な方は、ご近所の護国神社や住吉神社を
お詣りするのも素晴らしいと思います*^^*

というのも、先日、護国仲間から
教えてもらったのですが、住吉神社には
三韓征伐を成し遂げた神功皇后が祀られていて、
竹島などの奪還祈願には
うってつけの神社だそうですので…^^

住吉神社のwikiはこちらです。

神功皇后のほれぼれするような武勇伝や
住吉大社の歴史を、よろしければ
チェックしてみてください(^人^)

※この記事は、転載、引用、拡散フリーです。
ご自身の責任のもとにお使いください(人)


posted by はなうた at 07:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 海上保安庁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

海上保安庁のお仕事

護国手ぬぐい「ウミノマモリ」は
海上保安庁や海上自衛隊を応援しています。

 「海保や海自のおかげで、
 日本の海の平和は護られて、
 保たれているんだよね!」

 「海保や海自の皆さま、
 いつも、本当にありがとうぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


の思いを、一人でも多くの方と共有したくて
手ぬぐいを制作して、販売に勤しんできましたが…^^

本日は「海保ってどんなお仕事をしているの?」
というところに、スポットライトを当てたいと思います^^

ご一緒に、ささっとお勉強しましょう♪


船船船海上保安庁の仕事船船船

<治安の確保>

◆テロ対応
海沿いの重要施設(原子力発電所や、
石油・ガス施設、空港や米軍関連施設など)が
テロに遭わないように警備を行っています。

また、海上警備に万全を期すために
必要な各種訓練を随時行っています。

image_1.jpeg
●テロに備えた射撃訓練

image.jpeg
●海上警備に備えた訓練


◆海上犯罪の取り締まり 海洋権益の保護
海における無免許運行無検査運行密漁
外国漁船の違法操業、海難事件や暴力事件など
違法行為を厳しく取り締まります。

image_2.jpeg
●外国漁船の取り締まり(硫黄島周辺海域)


◆国際犯罪の取り締まり
警察や税関と連携して協力し合い、
薬物や拳銃、密航に関する情報の収集や
監視、取り締まり
を行っています。
首都圏に近い横浜の第三管区には
国際組織犯罪対策基地を置き、
国際犯罪の取り締まりを強化しています。


<生命を救う>

◆海難救助
巡視船艇や118番(緊急通報用電話番号)
海難情報をいち早くキャッチ。
素早く的確な対応ができるように、
巡視船艇や航空機を配備しています。
羽田特殊救難基地では、全国の特殊な海難
(転覆船からの人命救出など)
の連絡に対応すべく
24時間即応体制をとっています。


◆マリンレジャーの安全推進
楽しく、安全にマリンレジャー
(釣りや海水浴など)を満喫できるように
自己救命策※1)確保キャンペーン
海難防止講習会を実施しています。

※1)「自己救命策(3つの基本)」
ライフジャケットの常時着用
・防水パック入りの携帯電話など、連絡手段の確保
・「118番(緊急通報用電話番号)」の活用

image.jpeg
●小学生への「海の安全教室」


<青い海を守る>

臨海部からの工場排水や、船舶からの油の違法排出
廃船や廃棄物の不法投棄について監視と取り締まりを実施。
さらに、環境教室や図画コンクールなどを開催して
海の環境保全指導啓発活動を行っています。

image_1.jpeg
●廃船の調査


<災害に備える>
東海地震や首都直下型地震に備え、
被災者輸送などの災害応急活動訓練
定期的に実施。
各地の地方公共団体や関係機関と連携して
巡視船艇や航空機を活用します。
なお、全国各地で発生する海上災害
(油や有害液体物質、危険物などによるもの)は、
専門知識を有する機動防除隊員が対応します。

image_2.jpeg
●炎上するガスタンクを放水冷却する、海保の消防船


<交通の安全を守る>
海難防止のための各種活動(講習会や現場指導など)

港湾の安全確保(交通情報の提供、海上の航行管制など)

航路標識の整備・高機能化
 (灯台へのLED光源導入、高品質ブイの設置など)

海の安全に関する情報をリアルタイムで発信
 (全国各地の気象・海象など→MICS総合入口


<海を知る>
海洋の調査
 (港湾工事によって変化する地形や海の深さを測量して
 最新情報を把握。
安全航行のための海図作成に貢献)
 (透明度などの環境モニタリングの実施)

海洋の情報を提供
 (最新の海流の状況などを掲載した海洋速報などを発信)


<海をつなぐ>
国内外関係機関との連携・協力
 (海難や災害の発生にスムーズに対応できるように
 警察や消防など他の救助機関や、
 日本赤十字社などの民間救助機関と協力して活動。

 遠方の海難は、近隣諸国との連携を図って対応

国際協力
 国際緊急援助隊として
 特殊救難隊や潜水士が出動し
 行方不明者の捜索や救助活動を行う
 機動防除隊が、海上災害の拡大防止のため
 専門的支援を実施。
 その他、海外保安機関研修員の受け入れを通じて
 人材育成の協力も行っています。

【画像・参考資料】
第三管区海上保安部パンフレット


貴重な資料を提供してくださったS様、
どうもありがとうございました。

海保と言えば「海猿」「海の警察」
と連想する方も多いと思いますが
(かく言う私もそうでした)、
海保とは、実際はこんなに幅広い範囲で
重要な活動を行う機関
だったのですね。

海で仕事をする日本人のみならず、
陸で暮らす多くの日本人の安全が
海保の活動によって、
どれだけ護られていることか


想像するだけでありがたく、
感謝してもしきれません。

海保の方々を応援せずにはいられません。

ちなみに、こちらの画像もS様からいただきました。
「ウミノマモリ」にもデザインした、PL型巡視船

PL型巡視船「しきね」.jpg
PL型巡視船には、「はてるま」や「いしがき」など
さまざまな船が含まれますが、
この画像に映っているのは「しきね」という船です。

wikipediaによれば、PL型(はてるま型)巡視船は
以下のように位置づけられています。

 尖閣諸島の警備において、
 現場付近に展開した
ヘリコプターや巡視艇に対して
 補給や乗員の休息などの支援を提供するための
 拠点機能強化型巡視船
として開発された。

 また、光学式のFCS 光学式射撃指揮装置と連接させた
 遠隔操作式のMk 44 ブッシュマスター II 30mm機関砲と、
 30ノット以上とされる高速力による、
 優れた警備能力を備えている。」

「ウミノマモリ」に欠かせない、
とても大切な船なのであります(*´▽`*)

そして、最後に。
私の中では、海保といえばこの動画は外せません!!



周りに柵のない、こんな狭いスペースで
こんな激しい動きをし続けるとは…

動画をご覧いただければ分かりますが、
躍っている海保職員の方々は、
いつ海に投げ出されても、おかしくない状況です。
そんな危険を冒してでも踊る理由は
「見てくれた人を喜ばせたい」、ただそれだけなんですよ。
それだけのために…

ここで踊っている彼らの心意気を思うと、
笑いが込み上げて心が明るくなるし、泣けてくるし、
彼らのことが理屈抜きで大好きになります。

私達の日本の海が、
素晴らしい人達によって護られていることに
いつも心から感謝しています。

ありがとう、
海上保安庁!
posted by はなうた at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 海上保安庁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

どうすれば、チャンネル桜や海保の人たちの手助けができるか考えてみた

先日、友達とメールをやりとりする機会がありました。

そのやりとりの中で友達が私に、

チャンネル桜の人たちが、
尖閣諸島での海保の対応に対して
ものすごく怒っているんだけど、
知ってた?それについて、どう思う?


と聞いてきました。

チャンネル桜の方々が、尖閣諸島に出向いて
周辺の海で漁業を行うなど
さまざまな護国活動をされていることは、
チャンネル桜の番組で何度か見たことがありました。

そして、「桜」の方々と海保の方々との
難しく緊迫したやりとり
の様子も見ていました。

それなので私は、友達にこう答えました。

チャンネル桜の人たちも、
海保の人たちも『日本を守る』という
同じ目的のもとに活動しているはずだよね。
お互いが、
目的達成のために
協力し合ってもらえたら一番いい
と思う



そんなやりとりをした翌日、
ある護国仲間がシェアしてくれた情報の中に、
まさにチャンネル桜が、尖閣諸島で撮ってきた
最新動画の情報
がありました。

友達が言っていたのはこの動画のことだな…
と思って見始めたその映像は、
私のこれまでの海保の活動イメージを
一変させるものでした




  日本の法律に則って
  活動する日本人(チャンネル桜)を
  同じ日本人(尖閣を守る海保の方々)が
  どうして威嚇しているの?

本来、協力し合って発展していくはずの日本人同士が
どうしてこんな不毛なやりとりをしているの?

意味が分からず、しばらくの間気分が落ち込みました。

そして、この現状を変えるには、どうしたらいいかな…
と考えたのですが、問題解決のためはやっぱり

   気づいた人が政治の現場に
   声を届けることが必要だ


と思いました。

それなので関係各省庁国会議員の方々
メッセージを送ることにしました
^^

このブログを読んでくださっている皆さまに
できればご協力をいただきたいのですが、

   一緒にメッセージの発信を
   していただけないでしょうか


メッセージの送付先と、文例を以下に示します。

「この現状を変えたいなあ」と思われた方に
ご協力いただけましたら、大変ありがたいです。


よろしくお願い申し上げます。


【意見送付先】
e-gov(日本政府のサイト)
https://www.e-gov.go.jp/policy/index.html



【意見送付方法】

1.上記の意見送付のリンクを開く

2.チェックボックスの「内閣官房」「内閣府」「外務省」
「国土交通省」(※国土交通省は、海保の管轄省です)に
チェックを入れる

3.チェックボックス上にある本文記入欄に、
以下の文例をコピペする(or自分の意見を書き入れる)

4.送信ボタンを押して、サイトの指示に従う

※サイト上部にある電子メールアドレスの入力欄は
入力は任意ですので、入れなくても送信できます。


そして以下の文例は、
私が自分の個人的見解をまとめたものです。

不完全でわかりにくいと思われる部分もあるかと思いますが、
その場合はご自分でお好きな形に手直ししたり、
または使えそうな部分をお使いください。

====================

【意見文例】


こんにちは。
各機関や省庁の皆さまにおかれましては、
いつも日本をお守りくださいまして、
本当にありがとうございます。

ところで先日、尖閣諸島周辺を守る
海上保安庁の職員が、尖閣諸島周辺で
日本の法に則って
慰霊祭と漁業行為をしようとした
「日本人」に対して妨害している映像

インターネットで見ました。

以下がその映像です。


【守るぞ尖閣】
違法海保・これで領土が守れるのか!
職権濫用の海上保安官よ![桜H25/8/22]
 http://youtu.be/PMcygIiSaHc


上の映像は、「チャンネル桜」という
インターネットの番組で流れたものですが
海上保安庁の現場の職員に、
このような行為をやれと命じたのは
一体どこの、どなたなのでしょうか。

大変、理解に苦しんでいます。

日本が、シナを筆頭とする
近隣諸国からの侵略行為や
アメリカからの越権行為に対して、
一丸となって領土領海を
守らねばいけない今このときに、

海保が日本人に嫌われるようなことを
させてはいけない
と考えます。

そして、ただでさえストレスの多い
現場の海保の職員に、
余計な精神的負担を
かけさせてはいけない
とも思います。


上からの業務命令がなければ、
尖閣諸島を現場で守る海保の職員たちも
ここまではしないのではないでしょうか。


チャンネル桜の人たちは
「今回の件では、法的手段に訴える」
とお話をされています。

そのことに対して、関係省庁は
今後どのような対応を行っていくのか。


そもそも、日本のきまりに則って
行動している日本人の自由や権利を
守るために存在するのが
海の警察・海保だと思います
が、
いかがでしょうか。

海保が、本来のあるべき姿を取り戻して
チャンネル桜のような、
日本のために活動する人たちと
手を取り合って動くために
どのようなしくみづくりが必要なのか。


上記のことにつきまして、国土交通省、
内閣官房や内閣府、外務省などが連携して
話し合って解決策を出していただきたく思います。

思い返せば、
数ヶ月前の、新宿近辺での
在特会デモへの警察の対応といい、
古くは長野オリンピックの
聖火リレーでの警察の対応といい、
今回の尖閣諸島周辺での海保の対応といい、
いずれも、日本人が日本人に対して
とるべき対応からは逸脱しているように見えます。

一人の日本人として、とても悲しいです。


こういう悲しいことが二度と繰り返されないように、
毅然とした姿勢で対策を打っていただきたく思います。
よろしくお願い申し上げます。

====================

また、余力のある方は、首相官邸自民党
さらには、頼りになりそうな議員さん
(西田昌司議員、稲田朋美議員、新藤義孝議員、
赤池まさあき議員、佐藤正久議員、西川京子議員、
衛藤 晟一議員、片山さつき議員など)

上のメッセージを送ってもいいと思います。

【首相官邸 ご意見サイト】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

【自民党へのご意見サイト】
https://ssl.jimin.jp/m/contact
※宛先を「議員宛て」にすると、複数の議員に宛てて
意見を送ることもできます。

そして、我らが中山成彬議員・恭子議員,

西村眞悟議員らにも
上記意見を送ってもよいかと思います。

【中山成彬議員 意見フォーム】

http://nakayamanariaki.com/modules/inquiry/

【中山恭子議員 意見フォーム】
http://nakayamakyoko.net/modules/inquiry/

【西村眞悟議員 メールアドレス】
sakaioffice@n-shingo.com

一緒の気持ちの方、
一緒に頑張りましょう。

一人でも多くの日本人と一緒に
日本を守っていけたら
と思います^^b

そして以上の文章は、転載OK・拡散フリーです。
ご協力いただけますとありがたいです。

よろしくお願いします(u人u)
 
 
さて、話は変わりまして…


めちゃくちゃローカルな話題になりますが…^^

明日8月27日(火)、上川総合振興局にて
ランチタイム・コンサートがあります。
12:15〜です。

http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/concert2.htm

この日のコンサートでは、
第二師団音楽隊の方々が演奏するアルプホルン
心癒やされる調べを堪能できますぴかぴか(新しい)

私もつい先日、アルプホルンを生で聴きましたが、
のびやかでおおらかな音色と
楽器そのものの珍しさ、面白さに
心が洗われました
^▽^

お時間のある方、ぜひ聞きに行ってみてくださいグッド(上向き矢印)

posted by はなうた at 18:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 海上保安庁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする