2015年11月07日

コメント欄の復活について

皆様、こんばんは〜。

今年7月の記事をもってクローズにしていたコメント欄を
先日、復活させました。

閉じていたコメント欄を、説明もなしにいきなり復活させて、
しかも復活に関する説明も遅れに遅れて
本日ようやく書いている!というびっくりの体たらくですが
何卒ご容赦・ご了承いただけましたら嬉しいです。

夏にコメント欄をクローズにした一番の理由は、
皆様からいただいたコメントを拝読して
その一件一件に返信をする気力が
自分の中でほとんど枯渇していたからでした。

ブログのコメント欄を閉じてしまうことで
びっくりする人もいるだろう、
淋しいと感じる人もいるだろう、
その人達には申し訳ないことだとは思いつつ、
まずは自分の中の問題点をクリアして
健やかな状態になることが大事だと判断して
思い切って殻に閉じこもることに決めました。

そもそも、ブログを立ち上げた頃
(2012年秋ごろです)から今年の夏ごろまでは、
シンプルで熱い気持ちでコメントのことを考えていました。

「皆様が貴重な時間を割いてお寄せくださった
温かいコメントを大事に受け止めたい」
「一つひとつにきちんと返信したい」

そういう気持ちのままに、一生懸命返信させてもらってきましたが、
しかし、その「きちんと返信したい」という意欲がいつの間にか
「きちんと返信しなければならない」という縛りに変わっていて
不自然で息苦しいプレッシャーを自分自身にかけていたのでした。

そういった自分の一人SMプレイ(笑)を自覚したこともあって

「そもそもなんで、こんなことになってしまったんだろう?
とにかく自分の中身をじっくり見つめ直して、
こんがらがったものを解きほぐしたい」

という思いが強くなっていったのでした。

かくして、自分の頭や心の中を
さまざまな手法で見直していくうちに
こんがらったものもだいぶ解きほぐれてきたので
(その経過は新しいブログに
今後少しずつ書いていく予定です)
コメント欄を復活させた次第でした。

さてさて、いただいたコメントへの返信については
いろいろ考えた末に「しない」ことにしました。
返信を楽しみにしてコメントをお寄せくださっている方には
恐縮ですが、ご理解いただけましたらありがたいです。

ただ、いただいたコメントには今まで通り
全件しっかり目を通させてもらって、
当方の判断で承認して公開していきます
(ただし、工作員のコメントについては無慈悲に削除しますがw
こんな辺境の保守ブログにも、たま〜に工作員が来るのですよ〜。
まあ、斜め読みして黙って削除して、それで終わりですけどねww)。

以前とは違う、そういったスタンスで
コメント欄を運営していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。




posted by はなうた at 19:55| Comment(1) | コメント投稿について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする