2016年07月02日

私は東京都民ではないけれど、都知事選の候補者では桜井誠さんを支持しています

青山繁晴さんの参院選立候補について記事を書いたところ、
こんな過疎ブログでも毎日結構なアクセスをいただいています(人)
興味を持ってお読みくださっている方々には、厚くお礼を申し上げます。

そして当ブログへの日々のアクセス変化を見ていますと、
多くのネットユーザーが大手メディアのニュース以外にも
このブログの記事のような、一般人の意見を読んで
参考にしようとしていることが推測できます。

それはつまり、私達のような一般の人間が勇気をもって
自分の考えや思いを発言することは、
自分が思っている以上に大きな意味がある!!
ということになります^^

私自身、こういった手ごたえを励みにすることで
力強く進んでいけますし、
また記事をお読みくださっている方々にとっても
ご自身の自信というか、
本来もっておられる「力」を取り戻すきっかけに
なっていけばいいなあと考えています。

水滴が1滴ずつ集まることで
小川や大河になっていくように、
当たり前のことを当たり前に言える人が
増えれば増えるほど、私達の日本は
当たり前のことができる国になっていくでしょう。

さて、前置きが長くなりましたが、
桜井誠さんについて私の思うところや
お伝えしたいことを書いていきます。

hqdefault.jpg

桜井さんは、東京都知事選に出馬するにあたって
7つの公約を掲げています。
以下は、都政を国民の手に取り戻す会
桜井誠氏の都知事選出馬に関する産経ニュースの記事を参照して
内容をまとめたものです。ご参考までに、お読みください。

**********************

1.外国人生活保護の廃止
(都内在住の外国人への生活保護費支給を停止し、
受給者を日本国民に限定する)

2.都内の不法滞在者を半減
(目標期限は4年)

3.反日ヘイトスピーチ禁止条例制定
日本人に対して行われている反日ヘイトスピーチに焦点を当てる)

4.総連、民団施設への課税強化

5.違法賭博パチンコ規制の実施
(パチンコに対しては「違法賭博」と断じ、
 営業時間の短縮や新規出店を認めないなどの対策を講じると主張
 ギャンブル依存症の患者には心療内科などを受診させ、
 社会復帰をサポートする)

6.韓国学校建設中止
舛添氏が進めていた韓国人学校の増設を「中止」し、
 代わりに保育所を建設して待機児童ゼロを目指す)

7.コンパクトな東京五輪の実施

**********************

さらに、出馬会見において桜井氏は
「今の日本は間違った方向に進んでいる。
日本に対して牙をむくような民族がいれば断固として処断する。
国民、都民のために戦う知事が一人くらいいてもいい」と述べたそうです。


皆様も良くご存知の通り、桜井誠氏は「在日特権を許さない市民の会
(以下「在特会」)を立ち上げ、
賛否両論を巻き起こすパフォーマンスと大胆な戦略、不屈の継続力で
在日韓国人・在日朝鮮人が「在日特権」を享受している事実を
広く日本全国に知らしめてきました。
在特会の方々が、自分達の身を危険に曝してまで事実を伝え続けてくれたことに、
私は敬意と感謝の気持ちを何度でも表したいです。

在特会のパフォーマンスについては口が汚いとか、
言葉が過ぎるなどの批判が出ていることは重々承知しています。
とはいえ、大東亜戦争の終戦直後から日本人は
「朝鮮進駐軍」なる在日朝鮮人・在日韓国人に
力づくで土地や食べ物を奪われ、
同胞である日本人を殺され、税金をごまかされ、
メディアや法曹界、医学界、教育界といった国の根幹をなす分野に
彼らがはびこっていくことを止めることが出来ませんでした。
果ては、生活保護や国民年金をかすめとられるようになり、
気がつけば搾取の歴史は70年にもなっています

ここまで好き放題に踏みにじられ続けて、
日本人は、いつになったら怒ってもよいのですか。
いつになったら反論してもよいのですか。

なぜ日本人は日本人だけに上品さや我慢を強要しているのですか。

そもそも、日本人に上品さや我慢を強要しているのは
果たして本当に「日本人」なのでしょうか?

おかしいと感じたことに対しては声をあげなければ
いつまでも状況は変わりません。
我慢は承認と見なされ、被害は拡大し続けます。
このまま指をくわえて、日本が食われていくのを
見ているわけにはいかないと私は考えていますが、
それは「短気」な考えでしょうか?「乱暴」な意見でしょうか。

私は都民ではありませんが、それでも桜井氏の出馬を
できる限り応援したいと思っています。
同じ気持ちの方は、たとえば寄付金で桜井氏の力になれます。
桜井誠さんのツイキャス「きまぐれオレンジ☆ラジオ」 (2016.6.27)よれば
資金不足で非常に困っておられるということでした。

以下、http://www.tosyukai.net/donation.html より転載します。

********************

  -個人献金

寄附のお願い
都政を国民の手に取り戻す会は東京都における
政治活動(行政交渉、都政研究、都政への立候補の支援活動、
その他)を目指して設立された団体です。
代表は高田誠(桜井誠)が就任し、また都知事選への立候補にともない
資金管理団体として候補者より指定を受けています。 
皆様からの暖かいご支援を宜しくお願い致します。 

注意事項

※ 東京都知事選立候補にともない立候補者から
資金管理団体として指定を受けています。 

※ 口座への献金振り込みは自由ですが、
政治資金規制法に基づき基本的に個人以外のお振込みは頂けません。 

※5万円を超える個人献金については
住所・氏名・職業を明らかにすることが法律によって定められています。
そのため、5万円を超える献金を行う場合は振り込み用紙を使って、
住所・氏名・職業を明らかにしてお振込みください。 

※ 年間50,000円を超えた寄付をされますと、
住所・氏名・金額・職業・寄附した日付が収支報告書に掲載され、開示されます。 

※ 同一団体へは年間150万円を上限として献金が可能です。 

※ 日本国籍保有者のみ献金が可能です。
日本国籍以外の方からの献金は法律によって禁止されています。 

※ 5万円以下で振り込みされる場合でも政治資金ですので
本名で献金をお願いします。
お名前は公表されませんが、匿名献金は違法です! 


お振込み先

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号10150
番号92692051
口座名トセイヲコクミンノテニトリモドスカイ


ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名〇一八(読み ゼロイチハチ)
店番018
普通預金
口座番号9269205
口座名トセイヲコクミンノテニトリモドスカイ


********************

ちなみに、桜井誠氏をサポートする「都政を国民の手に取り戻す会」では
運営のボランティアスタッフも併せて募集しています。
近隣にお住まいの方は、ボランティアとしての協力もできるのではないでしょうか。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.tosyukai.net/

私は、都知事選の最有力候補は小池百合子氏だろうと考えていますが、
それでも私は桜井氏を応援します。「いざ鎌倉」という心境です。
あんなに日本を思って頑張ってきてくれた人が、
さらに体を張って大事なことを伝えようとしてくれているのに
同じ日本人として見過ごすことはできません。

もし、この記事をお読みくださった方で同じ気持ちの方がいらっしゃいましたら、
有形無形での桜井氏の応援をどうかよろしくお願いしますm( )m


posted by はなうた at 09:28| Comment(2) | 護国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

【追記あり】青山繁晴さんが参院選に出ますね&2016年参議院選、北海道選挙区について考え中

2016.6.25
青山繁晴さんのブログ「道すがらエッセイ」より転載して追記
http://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=398

******************

▼もう期日前投票が始まっていますから、正しい投票の仕方について、あらためてスタッフと共に確認しました。

▽参院選挙には、選挙区と比例代表があります。
 ぼくが立ったのは、比例代表ですから、まずその投票用紙に書いてくださらないと、まったく無効になります。

▽その比例代表の投票用紙には「政党名を書いても個人名でを書いても良い」という極めて分かりにくい、悪しき制度になっていますが、もしも政党名である自民党とお書きになると、ぼくの票には一切なりません。
 ぼくの個人名を書かれた場合だけ、ぼくの票になります。

▽その個人名は、申し訳ないですが「青山繁晴」という漢字の本来の名前を書いてください。
 立候補者一覧の字が小さすぎる場合は、常備されているルーペを使ってください。
 万一、ルーペが見当たらない場合、投票所の係員に聞いてください。きっとルーペが渡してもらえます。

▽「青山しげはる」、「青山シゲハル」などと書かれた場合は、審査を受けることになります。

★投票用紙に名前以外の、たとえば「青山がんばれ」などとお書きになると、一発で、無効票になります。

******************


参院選に青山繁晴さんが出ると知ったときは
とてもびっくりしましたが、
「ぼくらの日本をひとつにしたい」「1期しからやない」
といった青山さんの決意を知って、
ぜひ応援したいと思いました。


以下、産経ニュース【2016参院選 青山氏出馬会見詳報(上)(下)】から
転載いたします。

*********************

【2016参院選 青山氏出馬会見詳報】

 民間シンクタンク「独立総合研究所」社長でジャーナリストの青山繁晴氏(63)が、20日に開いた参院選出馬会見の主な内容は以下のとおり。

「僕は政治家は嫌い。ずっとお断りしてきた」

 「いきなり、僕ごときの決心について、驚かせて申し訳ありません。明後日公示の参院選に、自民党の全国比例から立つことを4日前に決めた。ありのままの経緯を話し、いくらでも質問にお答えしたいと思う。明日の朝5時まで」

 「なぜ出るか。端的に申すと、日本は既得権益でがんじがらめ。それを打ち壊して、経済も社会も汚れた政治も変えるためには、僕自身の人生を壊さざるを得ないなという風に考えた。出馬したらどうかというのは、政治部の記者時代から何度かあったが、すべてお断りしてきた。僕は政治家は嫌い。自分を売り込むことを優先するという生き方は、なじまない。ずっとお断りしてきた」

 「今回の件でいうと、今年の1月に、世耕弘成内閣官房副長官から『今回ばかりは出てほしい』とあった。お気づきだと思うが、(慰安婦問題に関する)日韓合意をめぐって、批判渦巻いていたとき。その2日前、安倍総理に『(合意には)反対です』と申し上げた。直後の(世耕氏からの)出馬依頼で、意外だったので断った」

「それから半年近く過ぎ、先週に突如、8日前、12日だったと思う。安倍総理から電話がありまして、『参議院の比例に出てもらいたい』といわれたので、お断りした。安倍さんから『そう言われるだろうと思って言った』と。総理は『国会で質問してもらえれば、外務省も経済産業省も変わるでしょう。自民党の部会で発言してもらえば、議員にも変わる人が出て来るだろう』と言った。客観的に重い言葉だと思う」

「1期しかやらない」

 「そこから僕は苦しんだ。選挙は今でも嫌、今日の会見は悪夢と同じ。こんな会見で記者出身ですから、苦楽をともにしたようなみなさんとお目にかかるとは夢にも思っていない。既得権益を壊すには、自分の人生を壊さざるを得ないと思った。政治家が嫌いと申した通り、政治家が嫌われ、憎まれる。ところが、その政治によって消費税も決められ、生活の隅々まで決められることを考えれば、政治は嫌だと思って、次世代に渡していいのかな、と。違うことをやるんだったら、やってもいいかなと申しました」

 「1期しかやりません。選挙活動は公示後、7月9日まで行って、二度とやりません。最大で1期6年しかやらない。政治は本来、ボランティア。政治が職業になってしまっている。こういうことを直すためには、1期だけの政治家がいてもいいんじゃないか」

 「政治献金について、法的には寄付ですが、企業から受け取らないのは当たり前のことで、事実上の迂回(うかい)献金がずっと行われている。法の下で汚いことをやっている政治家がいる。個人も団体も、一切、一円も受け取らない。政治がやれるのかとなるかもしれないが、やれますよ」

「拉致被害者の高齢化、決心に」

 「小さな決心をしたのは、拉致被害者家族が高齢になっている。有本(恵子)さんのお母さんは90歳になり入院した。現状を考えれば、やらざるを得ない。今の自分が築き上げてきたものを犠牲にしてでも、やるしかないと思う」


「落ちるなら落ちたらいい」

 −−選挙活動は、関西に絞ってするのか

 「違う。神戸に生まれ、共同通信をやめて、大阪のテレビの選挙番組に出たのが最初。僕と視聴者と国民の間をつないだのは関西のテレビ、ラジオ、新聞だからここを拠点にする。札幌から沖縄まで、本当は北方領土、釧路から沖縄まで行きたい。選挙資金は共同通信の退職金を使う。スタートは大阪でやりたかった」

 −−具体的にどこから票を取るのか。支持団体は

 「ないです。参院選挙が団体支援でおかしくなっている。比例区は本当はそんな趣旨ではないでしょ。本当に団体が支えたいならいいけど、既得権益を守るための団体になっているから。団体の支援は受けません。どこから票が出るかとか考えてない。落ちるなら落ちたらいいんです」

 −−総理からはこれをやってほしいとかは

 「ないですね。総理の言葉は、さっき紹介したのがほぼ全部。前触れもなく、突然にかかってきた。友情関係じゃないので、何でこんな電話かかるのかなと正直思った。ただし、口調は真剣だった」

「私たちの憲法作るべき」

 −−消費増税の先送りについてのスタンス、憲法改正についてはどうお考えか

 「延期というやり方は間違いと思う。財務省との妥協でやるんじゃなくて、少なくとも凍結、本来は減税だと思う。憲法改正は96条の改正手続きを踏んだ上で、私たちの日本語で憲法を作るべき」

 −−消費増税については、自民党の公約や政策とずれる

 「僕は何も変えない。会見がきっかけで公認が出ないなら、それでもやむを得ない、それでもいい。しかし、公認が出ないからといって、それまでの主張を変えるような人が政治家になること自体、おかしい。それは、党議拘束という政党政治のルールとは別問題。人間の志の問題」

 −−他党から出ることを検討したことは。他からの打診は

 「打診は全くない」

 −−1期6年だけということは、安倍首相も了承しているか

 「安倍さんには言ってない。電話が短かったから。安倍さんの意をくんで、僕に言ってきた世耕官房副長官には『1期しかしないがいいか』ということは確認した。もちろん結構です、と」


「『わが党のために』といわれたら、絶対出てない」

 −−なぜ、自民党か

 「決心して1度安倍さんと数分間会った。直接、総理の目を見て申し上げたのは、あの電話で安倍総理が一言でも『わが党のために』といわれたら、絶対出てないということ。そこは肝心なところであって本来、政党政治は、政党のために政治をやるんじゃなくて、考え違うけれども、いろんな人が集まり、民の願いを実現するのが本来のまつりごと。わが党のためにという政治になっているから、申し訳ないけれども、民進党も、共産党も僕にはそう見える。自民党も同じ。その意味では、今の政党政治は、同じ穴のムジナになっている」


*********************

そして、青山さんが出馬表明をしてから初めての街頭演説@東京・八重洲口です。

車の助手席から一人で降りて、黄色のポロシャツにチノパン姿。
ノータスキ、ノーハチマキ、ノー白手袋。
いつもどおりの、頑固で純朴で熱い青山さんでした。



10分足らずの演説でしたが、青山さんの心根の清らかさが伝わってきて
途中から泣きながら見ていました。魂が震えたとき、人は涙を流すものなのです。


さて、私の尊敬する青山さんは比例区なので迷わず青山さんに投じる予定ですが、
地元・北海道の選挙区では、まだ誰にするか決めかねています。

今のところは、日本のこころを大切にする党(略して「にっころ党」)の
佐藤和夫さんに入れたいけど、それで本当にいいかなあ、と迷っているところです。

とりあえず佐藤さんのfacebookを読む限りでは、
主張に共感できる部分は多いと感じました。

https://www.facebook.com/kazuetu

ただ、にっころ党、ね…。あんなにも党の名称をころころ変えたりしないで、
今もずっと「たちあがれ日本」の名称を使っていた方がよかったんじゃないかな、
と思っています。その方が、応援する方だってやりやすかったのに。
選挙戦略的には「どうして?」と思うところが多々あるにっころ党なのですが、
政策的に見る限りでは、応援したい気持ちはやまやまであります。

とりあえず「うそつき」で有名になられた徳永エリさんは私の中では「圏外」ですが、
肝心の、北海道選挙区の自民党の候補者がね…(´・ω・`)

たとえば、柿木(かきき)克弘さんのHPの政策を読んでいたら
こんなフレーズを発見したんですの。

http://www7.plala.or.jp/kakiki/jisseki.html

「アイヌ文化や知床世界自然遺産など、
先人が残した本道固有の財産を次世代に継承するための取り組みを進めます」

アイヌびいきキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

多くの道民の直接の祖先である、屯田兵や開拓に携わった農民をスルーして
アイヌ利権をやけに盛り上げたがる北海道の政治家が結構多いのですが、
何なんでしょうね、これは。どんな団体と仲が良くて、こういう文言を入れているのかな?
いろいろと勘繰ってしまいますの。

長谷川岳さんのHPは、政策自体が見づらいし_| ̄|○

下のページから長谷川さんの政策が見られるようなのですが、
イラスト重視で肝心の文章が薄く淡いという印象を受けました。

http://www.hasegawagaku.jp/miraizu.html

本気で考えを伝えたいという熱意が、あまりない気がするのは私だけでしょうか。

まあ、北海道選挙区の話はさておき、自分の持っている大切な一票をどこに投じるか、
しっかり考えて選びたいなと思っております。


posted by はなうた at 21:26| Comment(2) | 護国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

桜井誠氏の東京都知事選出馬表明キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

オッスオッス。ご無沙汰してます。

本日、のんびりとお昼ご飯を食べていましたら
余命さんのブログ記事で表題の件を見まして。
一瞬、お弁当のおかずの味がわからなくなるぐらい
「ふごーーー」と盛り上がった次第(笑)

ところでテレビでは、新しい東京都知事として
何としても蓮舫さんを推したいようですね。
見ていれば分かります。魂胆はバレバレです。

以下の比較画像の通り、TBSとテレ朝とで
同じ仕込みの人を使い回すほど焦っておられる模様。
TBSとテレビ朝日って、そんなに仲がよかったんですね?
スピリチュアルでいうところのシンクロニシティですか?

同じ日に同じ新橋で、同じ人にインタビューして、
同じように報道するというソウルメイトぶりにふるえます。
もしかしたら、新橋駅周辺でTBSとテレ朝とこの女性が待ち合わせて
不自然にならない程度に場所を変えて撮影したのかもしれませんが、
こうやって証拠画像を抑えられてしまうと、
どう考えても不自然ですよ?作戦は失敗ですよ?

d0044584_10232297.jpg

蓮舫さん
といえば、
今ではすっかり懐かしい感のある青木大和小4詐欺事件のときに
青木大和演じる仕込みの小学生のツイートを紹介して
「天才小学生現る!とてもいい」とかいう推薦文を
ホルホルと楽しそうに書いていました。

マスコミに仕込んでもらわない限り、あまり人に褒められないからこそ
パヨクの方々はこういう工作につい、一生懸命になるのでしょうけど
ものごとの考え方がいかにも特亜三国的であり、
一生懸命になるべきポイントがいつもズレている気がします。
中身のないことばかり気にしていて、外側ばかり着飾っているんですよね。

話が逸れました\(^o^)/

桜井さんについてですが、私は、都知事としてはなかなかよいと思っています。
そもそも、舛添さんと比べれば次元三つ分ぐらい桜井さんの方が人としてまともです。

まずは、5分で結構ですのでこちらの動画をご覧ください。2014年のものです。



計算づくのキレ芸ですなあ。迫力がありすぎて笑ってしまう。
そして、橋下氏は途中であきらかに戦意喪失しています。目が死んでいる。
あの口八丁手八丁の橋下氏を萎えさせるあたり、さすがだと思います。

それと、桜井さんをイロモノ枠として捉えている人もいるかもしれませんが、
桜井さんは著書「大嫌韓時代」や「大嫌韓日記」が
アマゾンでベストセラーになりましたし、
今や大注目の売れっ子作家の一人といっても過言ではありません。
東京の人って、基本的に作家の都知事が好きですよね?
青島幸男さんも石原慎太郎さんも作家でしたし。
だったら別に桜井さんでいいんじゃないでしょうか?極論ですか?

とはいえ、日本人の税金を狡猾に悪用するなどして成り立っている在日特権を
桜井さんなら、文字通り暴露して粉砕してくれるかもしれません。
記者会見は毎回楽しいと思いますよ。石原都知事の面白さを超えるかもしれません。

もし自民党から小池百合子さんが立たないなら、
私はがぜん桜井誠さんを応援しようと思います^^


それと話は変わりますが、大事なことなので再度お知らせ。
今週末は、旭川にブルーインパルスが来ますよ。
2016年6月19日(日)と、前日の18日(土)にも飛ぶそうです。

天候がピーカンに晴れてくれましたら
ブルーインパルスの雄姿が見られます。晴れてくれますように!

場所や時間等の詳細は、こちらをご覧ください。



posted by はなうた at 20:18| Comment(0) | 護国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

2016年6月18日(土)と19日(日)、旭川にブルーインパルスが来るよ!

えー、北海道旭川市近郊にお住いの愛国者の皆様に
業務連絡でありまーす。

えー、本年度の旭川駐屯地の創立記念行事に
ブルーインパルスがまいります。
2016年6月19日(日)と、前日の18日(土)にも飛ぶそうです。

天候がピーカンに晴れてくれましたら
ブルーインパルスの雄姿が見られますので
ほぼ完全に晴れるようにみんなでお祈りしましょう(人)

場所や時間等の詳細は、こちらをご覧ください。

http://www.mod.go.jp/gsdf/nae/2d/event/28souannai/28souannai.html

ちなみに私は、千歳の航空祭へ行ってブルーインパルスを見たことがありますが
あのショーは、何回でも見たいものです!感動して目に涙がにじみますよ!
超おすすめ!
創立記念行事の方にもぜひ足をお運びください。よろしくお願いします!
以上、元・駐屯地モニターからのお知らせでした♪

posted by はなうた at 22:16| Comment(2) | 私の好きな北海道(町おこし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。